Last-modified: 2016-12-28 (水) 19:20:01 (120d)

【96式40mm自動擲弾銃】(きゅうろくしきよんじゅうみりじどうてきだんじゅう)

陸上自衛隊で運用されている自動擲弾銃
1996年から配備されており、96式装輪装甲車12.7mm重機関銃M2と共に搭載されている武装の一つである。

必要に応じて地上に配置し、三脚架を取り付けて対人・対装甲車擲弾としても使用可能。
リンクベルト給弾式を採用し、単射・連射の機能を持つ。

スペックデータ

口径40mm
全長約975mm
銃身長約454mm
重量24.5kg(銃本体のみ)
装弾数50発弾倉を使用、ベルトリンク給弾
作動方式ブローフォワード方式
使用弾薬40mm×53(40mm対人対戦装甲てき弾または40mm演習てき弾)
発射速度250〜350発/分
有郊射程-
製作豊和工業(銃本体)/ダイキン工業(弾薬)



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS