Last-modified: 2017-04-05 (水) 21:14:27 (82d)

【96式自走迫撃砲】(きゅうろくしきじそうはくげきほう)

陸上自衛隊が運用している自走迫撃砲
広報向け愛称は「ゴットハンマー」だが、現場はこれを丁重に無視して「120MSP」「自走120モーター」などと呼ぶ。

60式自走107mm迫撃砲60式81mm迫撃砲(いずれも60式装甲車がベース)の後継として1994年から開発が開始され、1996年に制式化された。
シャーシは92式地雷原処理車?の物を使用している。

本車は、第7師団隷下・第11普通科連隊重迫撃砲中隊にのみ配備された。
前任の60式は第7師団以外にも配備されていることから、さらに増産する計画があったが、当初、本車を配備する予定だった第3普通科連隊(第2師団隷下)が96式装輪装甲車を配備する装輪装甲車化部隊となることになったため、装軌車両である本車を装備することはないとされ、わずか24両で生産完了となった。

スペックデータ

乗員5名
全長6.7m
全高2.95m
全幅2.99m
全備重量23.5t
エンジンデトロイト・ディーゼル8V-71T 2ストロークV型8気筒液冷スーパーチャージドディーゼル
(出力411hp/2,300rpm)
登坂力60%
超堤高0.7m
超壕幅1.8m
最大速度50km/h
最大射程8,100m/13,000m(RAP弾使用時)
航続距離300km
発射速度15〜20発/分
携行弾数50発(120mm迫撃砲)/600発(12.7mm重機関銃)
兵装主武装:120mm迫撃砲 RT?×1門
副武装:12.7mm重機関銃×1挺
製造車体:日立製作所
120mm迫撃砲:豊和工業ライセンス生産



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS