Last-modified: 2015-10-31 (土) 18:15:23 (721d)

【94式水際地雷敷設装置】(きゅうよんしきすいさいじらいふせつそうち)

陸上自衛隊施設科工兵)部隊が装備する水陸両用車。
防衛庁技術研究本部(現:防衛装備庁)が開発を行い、1994年に制式採用された。
上陸侵攻を目論む敵の揚陸舟艇を阻止するため、海岸部の浅海に水際地雷(対上陸用舟艇用の機雷)を敷設するのを主任務とする。

車体は船舶と同様の構造をしており、水上では両サイドにフロートを降ろし、スクリューにより6ノットで走ることができる。
また、運転席には羅針盤が設置されているほか、錨や救命具なども装備している。
このため、車両・船舶の両方の登録がなされており、操縦するには「1級小型船舶操縦士」の資格が必要である。

本車は各方面隊施設群の「水際障害中隊」及び施設学校(茨城県・勝田駐屯地所在)の「施設教導隊」に配備されている。

なお、2011年3月11日に発生した東日本大震災では、荷台にダイバーを乗せて沿岸地域での不明者の捜索に使用された。

スペックデータ

乗員3人
全長11.8m
全高3.5m
全幅
(陸上姿勢/水上姿勢)
2.8m/4.0m
全備重量16,000kg(空車)
最高速度
(路上/浮航時)
50km/h / 6ノット
エンジン6気筒水冷ディーゼル
最大出力239kW/2,800rpm
武装投下軌条×8条(上下2段4条)
94式水際地雷(I型(沈底式)およびII型(係留式))
製作日立造船(現ユニバーサル造船)


派生型

  • 94式水際地雷敷設装置(B):
    測定装置をGPS測定装置に置き換えた型。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS