Last-modified: 2015-11-17 (火) 18:37:33 (735d)

【92式地雷原処理ローラ】(きゅうにしきじらいげんしょりろーら)

陸上自衛隊の装甲戦闘車輛に装備される対地雷用装備。
1988年に開発が開始され、1992年に制式採用された。

主に小規模な地雷原の処理や敵前の地雷原への強行突破に使用される。
圧力式地雷を処理する鋳鉄製ローラ*1や磁気地雷の処理装置、アタッチメント部によって構成されている。
専用の付加装置が取り付けられた74式戦車90式戦車89式装甲戦闘車の車体前面に装着される*2

性能諸元

全長3.5m
全高1.7m
全幅4.3m
全備重量11.8t
制作三菱重工業



*1 74式戦車用は4枚1組、90式戦車用は5枚1組、89式装甲戦闘車用は2枚1組。
*2 また、87式自走高射機関砲の試作型にも装着部が装備されている車両が存在している。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS