Last-modified: 2015-07-26 (日) 19:49:11 (673d)

【92式対戦車地雷】(きゅうにしきたいせんしゃじらい)

陸上自衛隊の制式対戦車地雷
1986年より開発が開始され、1992年に制式化された。

同地雷は開発時に以下のことが要求された。

  • 戦車の底板部を貫徹し、内部の人員、内部の重要機材等を殺傷・破壊できること
  • 戦車等の全幅で感応し、側方感応許容誤差は1m以内であること。
  • 地雷処理ローラや鋤によって処理される場合は、極力ローラ・鋤を破壊出来ること。
  • タイマー式安全解除機構及び再安全化機構を有すること。
  • 83式地雷敷設装置?で敷設出来ること。

また、対環境性能として-20度〜50度までの耐寒耐熱性が求められているほか、水深6mまで使用できる耐水性を有している。

スペックデータ

高さ約125mm
直径約260mm
質量約8kg
炸薬成形炸薬弾
起爆センサーパッシブ式磁気センサー+振動センサー
主契約社石川製作所

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS