Last-modified: 2015-07-15 (水) 22:45:58 (655d)

【91式携帯地対空誘導弾】(きゅういちしきけいたいちたいくうゆうどうだん)

自衛隊スティンガーの後継として開発した国産の携帯式地対空ミサイル
愛称は公募により「ハンドアロー」になっているが、「携SAM」の通称がよく知られている。
なお、実戦部隊では「P-SAM」と呼ばれていることのほうが多いようである*1

1983年に開発が開始され、1991年度に制式化、東芝が製作を担当している。
誘導方式はCCDカメラによる画像認識と赤外線誘導方式。
主に陸上自衛隊戦車部隊特科部隊の自衛用に配備されているが、航空自衛隊海上自衛隊でも1993年から基地防空用に配備されている。

一見しただけではスティンガーとの見分けがつけにくいが、パネル状のIFFアンテナの肉抜き孔の形状で判別できる*2

2007年(平成19年)度よりライフサイクルコストの低減や、低空目標への対処能力の改善、携行SAMとしては世界初の赤外線画像誘導方式*3による夜間戦闘能力の向上、煙の少ない推進薬の使用等の改良を加えた個人携帯地対空誘導弾(改)(SAM-2B)の調達が開始された。
同型では、信管に設定秒時に作動する自爆機能が備えられている。

派生型として、OH-1観測ヘリコプターに搭載する空対空ミサイル型も存在する他、車載型の(高機動車のシャーシに搭載する)93式近距離地対空誘導弾が存在する。

スペックデータ

種別携帯式防空ミサイルシステム(MANPADS)
製作東芝
ミサイル全長1,430mm
ミサイル全幅0.9m
ミサイル直径80mm
重量9kg(本体)/17kg(発射セット)
推進方式固体燃料ロケットモーター
飛翔速度マッハ1.9
射程5,000m
弾頭指向性弾頭
信管着発信管
誘導方式SAM-2:赤外線ホーミング(IRH)+画像(TV)
SAM-2B:赤外線画像(IIR)



*1 スティンガー同様に隊員一人が肩に担いで照準、発射できる個人用装備であることから、「個人(Personal)」のPを取ってつけられたもの。
*2 91式は孔が2段、スティンガーは1段。
*3 目標を赤外線源としてではなく、赤外線を発する「形」として認識して誘導する方式。強力な赤外線を発するだけのフレア等の妨害に強いとされる。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS