Last-modified: 2015-07-01 (水) 17:09:41 (811d)

【90式艦対艦誘導弾】(きゅうまるしきかんたいかんゆうどうだん)

海上自衛隊RGM-84の後継として開発した艦対艦ミサイル。通称SSM-1B。
陸上自衛隊が用いている88式地対艦誘導弾をもとに開発されたもので、「ASM-1対艦ミサイルファミリー」を成す。
むらさめ型以降の護衛艦に搭載されている。

発射機や発射システムハープーンと共用でき、同時搭載・運用が可能となっている。
誘導方式は慣性誘導およびアクティブレーダーホーミングとなっている。

主な搭載艦

スペックデータ

全長5.1m
直径35cm
翼幅1.19m
発射重量660kg
射程150km〜200km(推定)
推進装置ロケットモーター+ターボジェットエンジン
弾頭HE徹甲弾(260kg)
誘導方式慣性誘導/アクティブレーダー誘導

関連:80式空対艦誘導弾


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS