Last-modified: 2015-07-22 (水) 11:28:22 (616d)

【87式偵察警戒車】(はちななしきていさつけいかいしゃ)

陸上自衛隊が使用している、国産の装輪式偵察用装甲車。
国産の装輪装甲車としては、82式指揮通信車に続く2機種目の車両となる。

師団旅団の偵察隊、戦車連隊本部などに配備されており、現在までに95両以上が調達されている。
防衛省では略称を「87RCV」、愛称を「ブラックアイ」としているが、隊員からは「RCV」とも呼ばれる。

それまで偵察機材として使われていた73式小型(1/2トン)トラックやオートバイには無かった火力・装甲を持つ。
駆動装置、懸架装置、およびエンジンは82式指揮通信車と共通のコンポーネントが使用されている。
車体と砲塔は圧延防弾鋼板の全溶接構造だが、浮航能力は持っておらず、NBC防護装備も無い。

武装として車体中央部の砲塔にガス圧作動・二重給弾方式のエリコン社製KBA-B02・25mm機関砲を日本製鋼所でライセンス生産したものが、副武装として74式車載7.62mm機関銃が同軸に装備されている。
その他、特殊装備として操縦手および砲手用に微光暗視装置が装備されている。

スペックデータ

乗員5名(車長、砲手、操縦手、前部偵察員、後部偵察員)
全長5.99m
全高2.5m
全幅2.48m
戦闘重量15t
懸架・駆動方式装輪式(3軸6輪駆動、通常時は後4輪駆動)
エンジンいすゞ製10PBI 4ストロークV型10気筒水冷ディーゼルエンジン(出力305hp)
変速前進6速・後進1速MT
登坂力60%
超堤高0.6m
超壕幅1.5m
最大速度100km/h(路上)
行動距離500km
兵装KBA-02B 25mm機関砲×1門(対地対空両用、弾数400発)
74式車載7.62mm機関銃×1挺(弾数4,000発)
4連装76mm発煙弾発射器×2基
製作小松製作所(車体)、日本製鋼所(機関砲)



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS