Last-modified: 2016-11-26 (土) 21:58:26 (152d)

【81式自走架柱橋】(はちいちしきじそうかちゅうきょう)

陸上自衛隊施設科工兵)が装備する架橋車両。
河川や不整地に臨時の橋を構築する事を目的として、各方面隊隷下の施設科部隊に配備されている。

74式特大型トラックの荷台部分に、油圧シリンダーで伸縮する折り畳み式の橋を載せたもので、1両が長さ10m分の橋桁・橋脚を運搬し、6両がかりで最大長60mまでの橋を構築できる。
設置には1両あたり20〜30分間、1つの橋を構築するのに最大で3時間程度を要する。
構築された橋は軍用車両が通行可能だが、一部の車種*1は重量制限から通過不可。

前述のように、通行可能重量に不足があったため、現在では後継機種として07式機動支援橋が開発・配備されている。

スペックデータ

乗員2人
全長9.70m
全高3.40m
全幅2.85m
全備重量22.4t
最高速度85km/h
橋節長10m
架設長60m(1セット6両)
橋梁幅3.75m
架柱高最大:4m
調節幅:2m
製作日本アルミ



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS