Last-modified: 2016-11-06 (日) 12:01:49 (378d)

【73式中型トラック】(ななさんしきちゅうがたとらっく)

1973年に制式化された陸上自衛隊の汎用輸送車両。
設計は日野自動車とトヨタ自動車の共同で行われ、日野自動車が製造を担当し、トヨタが納入を担当している。

隊内では「キャリア」や「ヤオトラ」とも通称される。
なお、2003年からは名称を「1 1/2tトラック」として調達されている*1

旧型・新型があり、それぞれ使用されるコンポーネントやエンジン、駆動方式などの設計で異なる。
旧型は、日野・レンジャーのコンポーネントを流用しており、5速マニュアル式で、パートタイム式四輪駆動を採用している。
また、パワーステアリングを装備している物としていない物がある。

新型は高機動車のシャーシを使用しており、ロックアップ機構付4速オートマチックで、センターデフを持つフルタイム4WDやパワーステアリングを装備する。
陸上自衛隊の各部隊に配備されており、73式大型トラックと同じくバリエーションも数多く存在する。

スペックデータ

乗員2名
全長約5,490mm
全高約2,565mm
全幅約2,220mm
車両重量約3,040kg
積載量約2,000kg
人員:16名
懸架・駆動方式パートタイム式4WD(旧型)
センターデフ付きフルタイム4WD(新型)
エンジン出力125kW
変速5速MT(旧型)
ロックアップ機構付き4速AT(新型)
最高速度約115km/h
製作トヨタ自動車、日野自動車

バリエーション

  • 1t半救急車:
    主に普通科部隊や衛生隊に装備する戦場救急車。
    通称「アンビ」と呼ばれる。

  • 79式対空レーダー装置 JTPS-P9:
    高射特科部隊が装備する対空レーダー。
    専用シェルターに収容されており、使用時には空中線を展張する。

  • 85式地上レーダー装置 JTPS-P11:
    71式地上レーダー装置JTPS-P6の後継として開発された地上監視用のレーダー。
    主に偵察部隊などが装備する。

  • 無線搬送装置2号 JMRC-C20/C21/R20(中型無線通信車):
    専用シェルターに収容されている。
    主に方面通信群、師団通信大隊、旅団通信中隊などに装備されている。

  • 移動加入基地局装置 JTTC-T1:
    師団通信システムを構成する器材の一つ。
    主に師団の通信大隊などに配備される。

  • 94式除染装置:
    主に連隊、大隊の本部管理中隊等に装備されている。

  • 航法援助装置 JMRM-A2:
    移動式NDB(無指向性無線標識)。

*1 「製造コストの削減」「部品の共通化」「民生品の活用」の観点から「制式化」の対象から外し、防衛大臣の「部隊使用承認」という形で使用されているため。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS