Last-modified: 2016-11-26 (土) 21:59:59 (240d)

【70式自走浮橋】(ななまるしきじそうふきょう)

陸上自衛隊施設科工兵)部隊が装備する架橋車両。
陸上自衛隊初の浮橋として1970年に制式化された。

74式戦車までの重量の車両(高機動車74式特大型トラックなど)が通過可能である*1

架橋器材は10両1セットで構成されており、車体上部にあるフロートを左右に展開して水中に進入した後、それぞれが車載のクレーンで結合し、最大で91mの橋を設置できる。
また、2〜3両で結合して船として使用することも可能である。

既に生産は終了しているが、74式戦車が現役で稼動する北海道以外の地域ではまだ現役である。

後継装備として、92式浮橋が開発されている。

スペックデータ

乗員4名
全長11.38m
橋長91m
全高3.48m
全幅2.80m(陸上姿勢)/5.39m(水上姿勢)
幅員3.9m
重量24t
最高速度
(水上/水中)
50km/h / 12km/h
推定価格約1億8,000万円
製作日立製作所



*1 81式自走架柱橋と同様、90式戦車99式自走榴弾砲などは重量の関係で渡る事ができない。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS