Last-modified: 2017-04-05 (水) 21:18:33 (167d)

【60式装甲車】(ろくまるしきそうこうしゃ)

1960年に防衛庁に制式採用され、陸上自衛隊で使用された装軌式の装甲兵員輸送車

陸自の前身である警察予備隊が創設された当初、隊員の戦場での機動手段としてはアメリカ陸軍から貸与されたM3A1半装軌式トラック(ハーフトラック)が用いられていたが、同車の老朽化・陳腐化にともない、日本の国情にあった装甲車が必要とされたことから1951年より開発に着手され、1960年に完成した。

車体は均質圧延鋼板製の箱形で、(1950年代当時の)日本人の体躯に合わせ非常に小型だった。
乗員は10名(その内3人は機銃手、操縦手、車長)であり、主武装はブローニングM2・12.7mm重機関銃とブローニングM1919A4・7.62mm機関銃である。
61式戦車との随行は可能であるが、渡河能力はなく、またNBC防護、夜間戦闘能力もない。

本車は1960〜1972年の間に426両が生産された。
原型車の他にバリエーションがいくつか存在し、兵員キャビンに81mm迫撃砲及び107mm迫撃砲を搭載した60式自走迫撃砲、対NBC戦用の化学防護車*1などがあった。

本来ならとっくに73式装甲車96式装輪装甲車といった後継車両に道を譲っても良い車両だったが、慢性的なAPC不足に悩む陸上自衛隊にとって貴重な装備であったことから、2006年に完全退役するまでの長きにわたって使い続けられた。

余談だが、本車は1990年代に起きた長崎県・雲仙普賢岳の火山災害の時、火砕流に耐えられる鋼製の車体が買われ、危険地域で偵察を行った実績がある。
また、1990年代以後に行われるようになった国連PKF活動にも派遣されたことがある。

スペックデータ

乗員4名+兵員6名
全長5.0m
全高1.89m
全幅2.40m
戦闘重量11.8t
エンジン三菱重工製8HA21WT V型8気筒空冷ターボチャージドディーゼル(出力220hp)
登坂力60%
超堤高0.6m
超壕幅1.82m
最大速度45km/h(路上)
行動距離230km
兵装M2 12.7mm重機関銃×1挺、M1919 7.62mm機関銃または74式車載7.62mm機関銃×1挺
製作小松製作所、三菱重工


バリエーション

  • 試製56式装甲車:
    開発時の名称。
    • I型:
      小松製作所製。
      前方部分に搭載されたエンジンの排気や放熱の陽炎によって視界不良になる問題が発生した。

    • II型:
      三菱重工製。

    • II型(改):
      I型での反省を踏まえて改良が加えられた型。
      エンジンの位置を車体中央部左側に移し、12.7mm重機関銃M2の取り付け位置を変更、操縦席と後部兵員室が通路で繋げられた。

  • 60式装甲車:
    生産型。

派生型

  • 60式自走迫撃砲(81mm):
    試作型を改設計し、後部車体内に60式81mm迫撃砲を搭載した自走迫撃砲型。
    60式自走107mm迫撃砲とは車体後部の形状が異なっていることと、車体前面左側に7.62mm機関銃のマウントがある事で識別できる。
    96式自走迫撃砲に更新されて退役済み。

  • 60式自走迫撃砲(107mm):
    試作型を改設計し、後部車体内に60式107mm迫撃砲を搭載した自走迫撃砲型。
    60式自走81mm迫撃砲とは車体後部の形状が異なり、車体上部が後端に向かって斜めになっていることと、車体前面左側の7.62mm機関銃マウントがないことで識別できる。
    60式81mm自走迫撃砲と同じく、96式自走迫撃砲に更新されて退役済み。

  • 化学防護車(装軌型):
    NBC偵察車両型。試作のみ。


*1 現在使われている車両とはまったくの別物である。(こちらは82式指揮通信車がベースである)

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS