Last-modified: 2022-10-17 (月) 19:21:05 (52d)

【6号戦車】(ろくごうせんしゃ)

第二次世界大戦におけるドイツの代表的な重戦車
以下の二形式が存在した。

  1. Sd Kfz.181 6号戦車E型「Tiger(ティーガー)1」
    1935年、3号戦車4号戦車を上回る重戦車が構想され、そして1937年に30t級、105mm/L28、最大装甲厚50mmの「1号突破戦車」として開発が開始されたが、紆余曲折の後、1941年5月、敵戦車よりも強力な主砲と重装甲を施し、戦車部隊の先頭に立って敵を突破する為の重突破戦車を作ると言う構想が生まれ、その構想から前面装甲100mm、56口径の8.8cm主砲を搭載した戦車と生まれ変わり、バルバロッサ作戦?で出現したソ連戦車T-34?KV-1?の対抗の為にも突貫工事で開発が進められ、1942年7月に完成した。

    基本構造はドイツ伝統の無骨な箱形、均質圧延装甲の溶接構造で、基本的に垂直装甲であること、車体配置や乗員も他のドイツ戦車と同じであり、これといって革新的な構造は取っておらず、伝統的ドイツ戦車といえる。

    主砲は8.8cm高射砲FLAK)を原型とする8.8cm Kwk36L/56で、1,000mで120mmの装甲貫徹能力をもち、出現当時に存在したほぼ全ての連合国戦車をアウトレンジで撃破可能であった。
    また、車体装甲も前面全体で100mmと出現当時、連合国の戦車では撃破不能の装甲を誇った。
    だが、その装甲と武装と引き替えに、重量は57tと過大であった為、機動力は劣悪であった。
    その上、変速機や操向装置は壊れやすかったため、整備性も優れているとは言えず、各地でドイツ陸軍の脚を引っ張った。
    それでも、本車は戦争終盤、各地の戦場で奮戦し、連合国側に可能な限りの打撃を与え、十分な活躍を果たした。

    スペックデータ
    乗員5名
    全長8.45m
    車体長6.3m
    全高2.93m
    全幅3.4〜3.7m
    重量56t
    懸架方式トーションバー方式
    エンジンマイバッハ HL210 P45 水冷V型12気筒ガソリンエンジン(出力650hp)
    最大速度38km(整地)
    10〜20km/h(不整地)
    行動距離125km
    武装8.8cm KwK 36L/56×1基
    MG34 7.92mm機関銃×2挺
    NbK39 90mmSマイン発射機×6基
    最大装甲厚100mm(前面)
    80mm(側面および後面)
    25mm(上面および底面)

    【各形式】
    注:初期型、中期型、後期型が存在するが、キューポラ防盾?等の手直しにとどまり、大差はない。
    • DW(DurchbruchWagen?):
      最初にVI号戦車として予定された突破戦車。車台試作のみ。

    • VK3001(H):
      DW II試作車をベースにした重型中戦車車台の試作車。

    • VK3001(P):
      ポルシェ製の重型中戦車車台の試作車。
      電気式変速装置を装備。

    • VK3601(H):
      VK3001(H)の設計をベースにした重戦車車台の試作車。

    • VK4501(P):
      ポルシェ製のTiger試作車。「ポルシェティーガー」や「タイガーP」とも呼ばれる。
      生産された車台は「フェルディナント」(後に「エレファント」に改称)重駆逐戦車へ流用された。

    • E型:
      ティーガー気箸盡討个譴詢婿嵯拭
      初期型と後期型でキューポラ防盾?等が異なる。

    • B型:
      「ティーガー供廚筺屮院璽縫劵后Ε謄ーガー」とも呼ばれる最終型。
      下項参照。

    • Gerät 5-1702(17cm k43):
      大口径重砲を搭載した自走砲。計画のみ。

    • Pz Sf V:
      VK3001(H)の車台に12.8cmカノン砲を搭載した対戦車自走砲。
      試作のみ。

    • シュトルムティーガー(Sturmmörser Tiger):
      38cmロケット推進臼砲を搭載した自走突撃砲。
      損傷を受けたティーガー気魏造して製作された。

    • ベルゲティーガー:
      戦車回収車型。砲身部分をウィンチに換装している。
      軍で正式採用されたものではなく、破損したティーガー気鮓獣呂量鄒鐔ね中隊が独自に改造した車両である。

  2. Sd Kfz.182 6号戦車B型「Tiger(ティーガー)2(Königstiger(ケーニヒスティーガー))」
    1941年、上記のティーガー1の性能不足が開発中に指摘され、より長砲身の88mm/L71の搭載が計画された。
    そして1942年10月に正式にティーガー2として開発が開始された。
    その途中、パンター2との部品共通化が企画されながらも中止となり、開発に遅れをきたした。
    そして1943年10月に試作車が完成、1944年に量産が開始された。

    車体デザインは5号戦車の発展拡大型であり、上記のティーガー1とは全く関係がない。
    車体構造は均質圧延装甲の溶接、乗員は5名である。
    主砲は当時最高級の貫徹力をもつ8.8cm Kwk43/L71を搭載(1,000mで203mmの装甲を貫通する能力を持つ)し、IS-2?と言ったソ連新型重戦車も含め、全ての連合国戦車を撃破可能であった。
    尚、初期型50両は「ポルシェ砲塔」と呼ばれる前面が丸く滑らかに成形された砲塔を搭載していたが、ショットトラップを起こす上に、製作に時間がかかるという理由から、その後はザウコフ型防盾?を持つ、「ヘンシェル砲塔」と呼ばれるタイプに変更された。
    それぞれの前面装甲厚は前者が最大100mm、後者が前面180mmと極めて重装甲であった。
    その反面、69.8tとティーガー1を超える重量から機動性は低く、駆動系の信頼性も低かった。

    本車は火力、防御力において世界最高級ではあったが、出現はあまりに遅く、なおかつ配備数が少なすぎたため、戦況に影響を与えなかった。

    なお、米軍からは「キングタイガー」、英軍からは「ロイヤルタイガー」と呼ばれた。

    余談だが、その重量から、戦後も破壊されたTiger2の撤去ができず(Tiger2を牽引するには、もう一台Tiger2が必要、と言われている)、今も野ざらしとなった無残なTiger2をドイツ国内で見かけることが出来る。

    スペックデータ
    乗員5名
    全長10.28m
    車体長7.38m
    全高3.09m
    全幅3.75m
    重量69.8t
    懸架方式トーションバー方式
    エンジンマイバッハ HL230 P30水冷V型12気筒ガソリンエンジン(出力700hp(520kW))
    最大速度38km/h(整地)
    20km/h(不整地)
    行動距離170km(整地)
    120km(不整地)
    武装8.8cm KwK 43 L/71×1基(84発)
    MG34 7.92mm機関銃×3挺(うち1挺は対空用)
    装甲180mm/100mm(ポルシェ砲塔)傾斜10°(砲塔前面)
    80mm 傾斜20°(砲塔側面・後面最大)
    150mm 傾斜50°(車体前面最大)
    80mm 傾斜25°(車体側面・後面)
    40mm(車体上面・下面最大)

    【派生型】
    • ヤークトティーガー?
      車体を延長し、固定戦闘室に12.8cm砲を装備した重駆逐戦車
      詳しくは別項を参照。

    • Gerät 809:
      対戦車自走砲型。K 18 173mmカノン砲を搭載する。
      G.W. Tiger(Geshützwagen Tiger:ティーガー火砲運搬車)、またはWaffenträger Grille17(大型兵装運搬車 グリレ17)とも呼ばれた。
      モックアップが1両製作されたのみで量産されず。

    • E-75:
      ティーガー兇慮綏兌嵶招弉茵
      車両自体は製作されなかったものの、サスペンションのみが実際に完成し、テストされている。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS