Last-modified: 2013-06-01 (土) 09:21:26 (1392d)

【2S6】(にえすろく)

ロシア・アストロフ設計局の設計開発による自走式対空砲
システム自体は2K22と呼ばれ、このシステムを搭載した車両を2S6と呼ぶ。
NATOコードでは「ツングースカ*1」と呼ばれる。

第四次中東戦争ZSU-23-4対空砲戦訓を受けて1960年代に開発が始まり、1986年に配備が始まっている。
主な開発課題は有効射程およびデストラクションパワーの向上であり、西側のA-10などが仮想敵として想定された。

車体はGM-569A汎用装軌車を使用し、兵装は機関砲地対空ミサイルを組み合わせたハイブリッドシステムで、砲塔前面にロックオン用の円形Jバンド追尾レーダーとIRL-138敵味方識別装置、後部に索敵用のEバンド型回転式レーダー「1RL-144M」を搭載している。

価格高騰とソビエト崩壊などの影響もあってロシア本国での配備は進んでおらず、ウクライナ、ベラルーシ、インドなど、新興国への輸出が主。
現在では後継となる96K6「パーンツィリ-S1(SA-22「グレイハウンド」)」への代替が始まっている。

関連:SA-19 M6 パーンツィリ-S1

スペックデータ

乗員4名
全長7.93m
全高4.02m(レーダー起立時)
全幅3.23m
戦闘重量34t
エンジンV-46-4 4ストロークV型12気筒液冷ディーゼルエンジン(出力780hp)
懸架・駆動方式トーションバー
登坂力60%
超堤高1.0m
超壕幅2.0m
最大速度65km/h(路上)
行動距離500km
装甲15mm(車体前面)
レーダーJバンド追尾レーダー×1基
1R-144M Eバンド索敵レーダー×1基
兵装2A38 30mm連装機関砲×2基(弾数1,904発)
9M311(SA-19「グリソン」) 4連装地対空ミサイル発射機×2基(ミサイル8発)


派生型

  • 2K22/9K22:
    2S6統合防空車に設置され、9M311(3M87)、9M311Kもしくは9M311-1ミサイルを使用する初期型。
    Треуголник(三角形の意)として知られていた。

  • 2K22M:
    初期量産型。2S6M統合防空車に設置され、9M311M(3M88)ミサイルを使用した。

  • 2K22M-1:
    2K22Mを更に近代化したもので、より強化された火器管制システムを持ち9M311-1Mミサイルを使用する。

  • 2K22M-57E6:
    2K22Mに全面的な換装を施したもので、射程距離が18kmに伸びた57E6地対空ミサイル、探知範囲38kmおよび追跡範囲30kmに強化された新型レーダーシステムを使用する。


*1 Тунгуска:シベリアを流れる同名の川から。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS