Last-modified: 2021-06-06 (日) 10:47:28 (142d)

【12式地対艦誘導弾】(ひとふたしきちたいかんゆうどうだん)

88式地対艦誘導弾の後継として開発された、陸上自衛隊地対艦ミサイル
2012年より調達が開始されている。

重装輪回収車?と共通の車体に6連装の箱型キャニスターを搭載しており、火器管制装置などを搭載した車両と共に機動展開する。

以下の編成でシステムが構成される。

誘導方式については従来の慣性誘導中間)+アクティブレーダー誘導終末)に加え、中間誘導にGPS誘導が追加されている。

派生型として、2013年度から2017年度にかけて90式艦対艦誘導弾(SSM-1B)の後継の17式艦対艦誘導弾が開発される計画である。
SSM-1Bと比べて、射程の延伸や誘導精度の向上、目標情報のアップデート機能の追加が図られる。
また、2017年度から2022年度までに新艦対艦誘導弾をベースに改良型の12式地対艦誘導弾(改)及び91式空対艦誘導弾(ASM-1C)の後継となる哨戒機用新空対艦誘導弾が開発される予定である。

配備予定部隊

  • 陸上自衛隊富士学校特科部(教育訓練用)
  • 富士教導団
    • 特科教導隊第6中隊(部隊育成用)
  • 陸上自衛隊武器学校(整備士育成用)
  • 西部方面隊
    • 西部方面特科隊(湯布院駐屯地)
      • 第5地対艦ミサイル連隊

スペックデータ

全長約5m
直径約35cm
発射重量約700kg
射程百数十km
推進方式固体燃料ロケットモーター(ブースター部)+ターボジェット(巡航用)
誘導方式INS+GPS中間誘導)/アクティブレーダー誘導終端誘導
製造三菱重工業


派生型

  • 12式地対艦誘導弾(改):
    17式艦対艦誘導弾をベースにした改良型。

    • 12式地対艦誘導弾能力向上型:
      12式地対艦誘導弾(改)をベースに長射程化と多様なプラットフォームからの発射能力を加えた型。
      射程は約200km〜900kmを目指しているが、最終的に1,500kmへと延伸される予定。

  • 哨戒機用新空対艦誘導弾:
    空対艦誘導弾91式空対艦誘導弾の後継。

  • 17式艦対艦誘導弾(SSM-2):
    本ミサイルをベースとした艦対艦ミサイル90式地対艦誘導弾(SSM-1B)の後継。
    SSM-1Bと比べて、射程の延伸、誘導精度の向上、目標情報のアップデート機能や同時弾着の追加が図られる。
    現在建造中の「まや」型2番艦「はぐろ」より装備化される予定。


*1 なお、88式地対艦誘導弾も搭載可能である。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS