Last-modified: 2019-10-12 (土) 18:42:07 (5d)

【11式短距離地対空誘導弾】(ひとひとしきたんきょりちたいくうゆうどうだん)

2011年に防衛省が制式採用した短射程地対空ミサイル
陸上自衛隊航空自衛隊で使用されてきた、81式短SAMの後継として、「短SAM(改供法廚硫松里燃発された。
なお、航空自衛隊向けは「基地防空用地対空誘導弾」という名称がつけられている。

本システムは、4連装キャニスター式発射機と射撃統制装置で構成されており、射撃統制装置はアクティブフェイズドアレイレーダー方式で3 1/2tトラックに搭載され、発射機は陸上自衛隊では3 1/2tトラックに、航空自衛隊では高機動車に搭載して運用される。
また、対空戦闘指揮統制システム(ADCCS)又は指揮統制装置とリンクが可能となった。

誘導弾の特徴は、従来の81式地対空誘導弾では対処できなかった超音速・小型の空対地ミサイル巡航ミサイルにも対処可能になっている点である。
なお、81式と違い、誘導方式はアクティブレーダー誘導のみである。

配備部隊


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS