Last-modified: 2017-04-21 (金) 19:17:09 (185d)

【10式戦車】(ひとまるしきせんしゃ)

陸上自衛隊に採用されている、第4世代*1主力戦車
従来使用されてきた74式戦車及び90式戦車の後継として2002年に試作を開始、2009年12月に制式化された。
2010年度予算から調達が開始され、2011年度より富士教導団戦車教導隊などから順次配備されている。

本車最大の特徴は、陸上自衛隊の戦闘車両としては初めて搭載されたC4Iシステムである。
ReCs?*2」を介して他の戦車や普通科歩兵部隊と情報・指揮系統を共有し、一体化した作戦行動が可能である。
個々の戦車もタッチパネル式のディスプレイを備え、敵をデータベースと照合して自動的に脅威度を判定する等高度な電子化が施されている。
将来はこれに加え、航空科が装備するOH-1観測ヘリコプターAH-64D戦闘ヘリコプターとの連携も想定されている。

主砲・装甲機動力等の基本的な性能は、全て前世代の90式戦車と同等以上を目標としている。
攻撃面では主砲をより高威力の国産120mm滑腔砲に置換。
また火器管制装置の進化により命中精度の向上が図られ、スラローム走行中でも動目標への命中を見込める。
防御面では装甲の防御性能向上と軽量化の両立に成功し、また装甲をモジュール化して整備性を高めている。
更に、周辺警戒用に車体の四隅に全周囲監視装置を装備、車輌構造は対赤外線ステルス性能の向上を図っている。

機動力を高めるためにサスペンション・電子制御・エンジン・電源装置・履帯などもそれぞれ次世代に更新。
自身の姿勢や主砲の向きに応じて自動制御され、40t級に軽量化された車体でも120mm滑腔砲の反動を受け止める事に成功している。
バックでも70km/hで走行可能となり、旋回半径も90式の半分程度に改善。市街戦での対ゲリラ戦に対応した形となっている。

車体は90式戦車より小型軽量で、74式戦車と同じく73式特大型セミトレーラによる輸送が可能である。

なお、量産車は試作車とは車体前部の形状や車体側面の乗車用ステップの増加など、細部に違いがある。

IMG_9200.jpg

主な配備部隊

スペックデータ

10式戦車
乗員3名(車長、砲手、操縦手)
全長9.42m
全高2.30m
全幅3.24m
全備重量約44t
懸架方式油気圧式アクティブサスペンション
エンジン4サイクルV型8気筒水冷ディーゼル(出力1,200ps/2,300rpm)
最大速度70km/h
装甲複合装甲(正面要部)/増加装甲(砲塔側面)
兵装日本製鋼所製44口径120mm滑腔砲×1門
12.7mm重機関銃M2×1挺(砲塔上面)
74式車載7.62mm機関銃×1挺(主砲同軸
製作三菱重工業


11式装軌車回収車
全長9.1m
全幅3.4m
全高2.6m
重量44.4t
速度約70km/h
武装12.7mm重機関銃M2×1挺
牽引・吊り上げ能力牽引力:45t以上
吊り上げ力:25t以上

派生型

  • 11式装軌車回収車:
    戦車回収車型。
    本車(試作4号車)の車体を流用して、ブームクレーンや各種の回収/整備機材を搭載したもので、2013年(平成25年)3月に完成した。


*1 一説には「第3.5世代」とも。
*2 Regiment Command Control system:基幹連隊指揮統制システム。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS