Last-modified: 2013-07-26 (金) 11:22:17 (1427d)

【092型】(ぜろきゅうにがた)

1980年代に就役した、中国海軍初の戦略原子力潜水艦(SSBN)。
091型原子力潜水艦をベースに開発された。
中国では長征6号級と呼称するが、NATOコードでは(シア)型(中国歴代王朝の名称から)と呼ばれる。

2隻が建造されたが、現在、運用されているのは「長征6号」(北海艦隊所属)の1隻のみで*1漢級攻撃原潜とともに「虎の子」というべき存在とされている。
そのため、短期間港から出ることがあるものの、本格的に稼働してはいない模様と思われていたが、2009年4月23日に行われた国際観艦式に参列していたことから、現在も稼動状態にあることが確認されている。

武装は、艦首に533mm魚雷発射管を6門装備するほか、射程2,150kmの巨浪1型(JL-1)SLBMを12基搭載する。

後継として094型戦略潜水艦(SSBN)が建造中である。

スペックデータ

全長120m
全幅10m
吃水8m
排水量
(水上/水中)
6,500t/7,000t
主機関加圧水型原子炉(116MW)×1基/蒸気タービン×2基 1軸推進
最大速力
(水上/水中)
20kt/22kt+
可潜深度300m前後
航続距離N/A
乗員100名
武装533mm魚雷発射管×6門、VLS×12基(巨浪1号SLBM×12発)


同型艦

#艦番号艦名主造船所起工進水就役退役所属
1番艦406長征6号渤海造船所1981.1983.北海艦隊



*1 2番艦は巨浪1型(JL-1)SLBMの発射実験の際に事故で失われた様だが、事実関係は不明である。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS