Last-modified: 2021-10-18 (月) 17:51:28 (6d)

【091型】(ぜろきゅういちがた)

1974年に就役した、中国海軍初の攻撃型原子力潜水艦
中国では091型または長征1号級と呼称するが、NATOコードでは(ハン)型(中国歴代王朝の名称から)と呼ばれる。

船体は涙滴型でロシアの潜水艦と同様、船体構造は複殻構造を採用している。
推進方式は加圧水型原子炉一基を動力源とするターボ・エレクトリック方式を採用している。
1974年に1番艦が就役したが、陸上用の加圧水型原子炉を潜水艦用原子炉として十分な研究なしに改造・導入したため、構造的欠陥が原因と考えられる放射能漏れ事故が頻発し、約10年は本格的な運用が出来なかったと言われている。
1980年に就役した3番艦からはフランスの技術支援で戦闘システムが近代化された他、船体が約8m長くなっている*1

旧式なため静粛性については1・2番艦は160〜170デシベル*2、3〜5番艦は140〜150デシベル*3と現在の日本やアメリカなどの主力潜水艦と比べると劣っている。

武装は533mm魚雷発射管6門を装備するほか、3番艦以降はYJ-82対艦ミサイルを装備している。

後継として、商型が現在配備中である。

スペックデータ

全長90m(401、402)
98m(403〜405)
全幅10m
喫水7.4m
排水量4,500t(水上)
5,500t(水中)
推進方式ターボエレクトリック方式
主機関加圧水型原子炉×1基(出力90MW)
蒸気タービン×2基(総出力12,000馬力)
推進器スクリュープロペラ×1軸
速力
(水上/潜航)
12kt/25kt+
潜行深度
(通常/最大)
200m/300m前後
乗員75名
武装533mm魚雷発射管×6門
(「魚3(Yu-3)」魚雷*4×20発)
YJ-82SSM
機雷×36個(魚雷を搭載しない場合)
レーダーMRK-50(スヌープ・トレイ)対水上レーダー×1基
ソナーDUUX-5低周波パッシブソナー
中周波ソナー
電子戦・通信921A型ECMアンテナ
UHF/VHF通信アンテナ
衛星通信アンテナ

同型艦

艦番号艦名主造船所起工進水就役退役所属
401長征1号渤海造船廠1968.1970.1974.8.12000.*5北海艦隊
海軍潜艇第一基地
402長征2号1974.1977.1980.12.302005.
403長征3号1980.1983.1984.12.25-
404長征4号1984.1987.1988.10.27
405長征5号1987.1990.1990.12.



*1 航行時の雑音対策と見られている。
*2 初期の旧ソ連製潜水艦(スキップジャック級?ノヴェンバー級?)と同程度。
*3 パーミット級?原潜(米)と同程度。
*4 旧ソ連製のSET-65E対潜魚雷をコピーしたもの。
*5 現在は中国人民解放軍博物館(青島)に展示されている。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS