Last-modified: 2016-10-05 (水) 13:43:57 (207d)

【052型】(ぜろごにびーがた)

中国人民解放軍海軍で運用されているミサイル駆逐艦
中国での型式名称では052B型と呼ばれているがNATOコードでは旅洋(ルーヤン)I型と呼ばれる。
中国海軍が国産建造した初のエリア防空艦である。

船体は051B型をベースにしており、よりステルス性に配慮し洗練されたものとなっている。
武装には、ソブレメンヌイ級と同様、「シュチーリ1」(NATOコード:SA-N-12「グリズリー」)艦対空ミサイル用の3S90単装ミサイル発射機を搭載している。
また、対空センサーとして中国国産の艦艇としては初めて、ロシア製のMR-750MA「フレガート-MA」3次元レーダーを搭載している。
その他の武装は中国製だが、いずれも新型のものが採用されている。
艦後部には艦載ヘリの格納庫と発着スペースが設けられており、ソブレメンヌイ級と同じくKa-28対潜ヘリコプター1機を搭載する。

当初は大量建造される予定だったが、より安上がりでほぼ同等の装備を備える江凱II型(054A型)フリゲートの実用化により2隻のみの建造となった。
2隻は052C型とともに南海艦隊に所属している。

スペックデータ

乗員250名(うち士官40名)
満載排水量6,600t
全長154m
全幅17m
喫水6m
主機CODOG方式 2軸推進
DA-80(DN-80)ガスタービン×2基
陜西-MTU 20V956 TB92 V型20気筒ディーゼル×2基
出力48,600hp(DA-80)
8,840hp(陜西-MTU 20V956 TB92)
速力29ノット
航続距離4,500海里/15ノット
SAM3S90単装ミサイル発射機×2基
(9M38M2ミサイル48発)
SSM鷹撃83(YJ-83)SSM 4連装発射機×4基
対潜装備87式6連装250mm対潜ロケット発射機(FQF-3200)×2基
B515 3連装短魚雷発射管×2基(魚7(Yu-7)324mm短魚雷を装備)
主砲210型55口径100mm単装砲×1基
CIWS730型30mmCIWS×2基
艦載機Ka-28/Z-9C対潜ヘリコプター×2機
C4IシステムZJK-5戦術情報処理装置+HN-900戦術データリンク
レーダー382型*13次元対空レーダー×1基
364型 低空警戒/対水上レーダー×1基
FCS3R90火器管制レーダー×4基(SAM用)
344A型FCS×1基(SSM/砲用)
MR-331「ミネラル-ME」×1基(SSM/砲用)
347G型FCS×2基(CIWS用)
ソナーMGK-335MS-Eハル・ソナー×1基
電子戦
・対抗装備
NRJ-6 ECM装置×1基
726-4型18連装デコイ発射機×4基


同型艦

艦番号艦名主造船所起工進水就役所属
168広州
(Guangzhou)
上海江南造船所2000.2002.5.202004.7.南海艦隊
169武漢
(Wuhan)
2000.2002.10.22004.7.



*1 MR-750MA「フレガート-MAE-5」を国産化したもの。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS