Last-modified: 2017-05-08 (月) 18:57:22 (15d)

【01式対戦車誘導弾】(まるひとしきたいせんしゃゆうどうだん)

ATM-5 (愛称「LMAT(ラット)」、通称「軽MAT」)

陸上自衛隊で使用されている国産の携帯型対戦車ミサイル
84mm無反動砲カールグスタフ)の後継として1993年に開発され、2001年に制式化された。

誘導方式は赤外線画像誘導で、撃ちっ放し能力トップアタック能力を有する。
弾頭は爆発反応装甲を想定したタンデム配置の二重成形炸薬
バックブラストが比較的小さく、掩蔽壕トーチカのほか、軽装甲機動車の上面ハッチ上から発射する事も想定している。

平成22年度予算までに1,073セットが調達され、主に普通科歩兵)部隊に配備されている。

スペックデータ

全長0.86m
直径0.12m
弾頭タンデムHEAT(11.4kg)
発射重量17.5kg
飛翔速度4km/分
射程非公表(1,000m以上)
推進方式固体燃料ロケットモーター
誘導方式赤外線画像誘導
製造川崎重工業
調達価格約2,600万円(1基)


ATM5.jpg

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS