Last-modified: 2014-02-04 (火) 12:32:19 (1295d)

【霹靂6】(へきれきろく)

中国人民解放軍の試作近距離空対空ミサイル
「霹靂6」の他に「PL-6」とも呼ばれる。
航空工業部所属の第612所(後の洛陽光電技術発展センター)が開発した。

1975年に開発が始まり、1978年には試作品が完成、翌年には発射実験も行われたが、1983年には開発が中止された。

ミサイルの形状はフランスが開発したR550「マジックII」空対空ミサイルによく似ており、特徴的なミサイル前部の二重の小翼も踏襲されていた。

中止された原因は不明だが、開発中止後に株洲航空発動機廠(Zhuzhou Aeroengine Factory:ZAF)から同じくR550をベースにした霹靂7の開発が開始されているため、なんらかの関係があると思われる。

関連:霹靂7 マジック2

カタログスペック

全長2123cm
直径13.5cm
翼幅65.4cm
弾頭HE 破片
推進方式一段式固体推進ロケットモーター
最大速度M2.0
射程1,300m〜11,500m
最大高度23,000m
G限界29G
誘導方式パッシブ赤外線誘導
信管赤外線近接信管



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS