Last-modified: 2014-07-14 (月) 00:59:01 (1196d)

【霹靂12】(へきれきじゅうに)

中国の第613電子技術研究所(洛陽光電技術開発センター)で開発された、中国人民解放軍初のアクティブレーダー誘導中射程空対空ミサイル
霹靂12の他に「PL-12」や「閃電10(SD-10)」とも呼ばれる。

1997年に開発が開始され、2007年から配備が開始された。
開発にはロシアの軍事企業が協力しており*1ロシア軍R-77(AA-12「アッダー」)中射程AAMの設計が多数流用されている。

中国側は当初、レーダーシーカーライセンス生産を望んだが、ロシア側が拒否したため、この装備はロシアからの輸入に依存しているとのこと。
また別の情報によればイタリアのアスピーデセミアクティブレーダー誘導中距離空対空ミサイルの技術も使われているらしい。
空力設計についてはR-77ではなくアメリカのAMRAAMに似た形状を採用している。
これによりPL-12は中国開発のAAMとして、初めて撃ちっ放し(fire-and-forget)性能を持つ事になった。

主な搭載機としては殲撃11(Su-27SK/UBK)殲撃10殲撃11B/BSFC-1?殲撃8IIに装備されると言われている。

なお、輸出型であるSD-10はパキスタンやイランが興味を持つ程で現在海外からの発注は無い。
PL-12の派生型としては、データリンク機能が付与されたSD-10Aの他、同ミサイルを垂直発射装置に搭載した地対空ミサイル型の猟手2(LS-2)が開発されている。

関連:AA-12

スペックデータ

形式閃電10
(SD-10)
閃電10A
(SD-10A)
全長3.85m3.934m
直径20.3cm
重量180kg199kg
推進方式固体燃料ロケットモーター
最大速度マッハ4マッハ5
射程1〜70km70km+
運用高度0〜21km
誘導方式中間:無線指令+慣性
終末ARHorPRH
中間:無線指令+慣性、デジタル・データリンク
終末ARHorPRH


主な種類

  • 霹靂12(PL-12):
    基本型。

  • 霹靂12A(PL-12A):
    能力向上型。

  • 霹靂12B(PL-12B):
    能力向上型。
    誘導システムが改良されている。

  • 霹靂12C(PL-12C):
    次世代戦闘機用に開発された型。
    ウェポンベイへの搭載を想定して尾翼を折畳み式にした。

  • 霹靂12D(PL-12D):
    次世代戦闘機用に開発された型。
    射程延長のためラムジェットを採用した。
    胴体中央部にインテークを備えている。

  • 霹靂15(PL-15):
    PL-12Cの発展型。詳細不明。

  • 閃電10(SD-10):
    SD-10の能力向上型で空対空/地対空ミサイル型。
    猟手2(LS-2)?地対空ミサイルシステムに装備される。

  • 雷電10(LD-10):
    輸出向けの対レーダーミサイル型。

  • 地空10(DK-10):
    SD-10をベースとした輸出向け地対空ミサイル型。
    ミサイルのサイズが大型化され、胴体中央の安定翼が弦長が長く幅の短いものに変更されている。


*1 シーカー設計とコンポーネント提供はAGAT、方向舵制御システムはヴィンペル慣性航法装置はNIIPモスクワ。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS