Last-modified: 2014-07-14 (月) 01:06:45 (1253d)

【霹靂11】(へきれきじゅういち)

中国人民解放軍初の中射程空対空ミサイル
「霹靂11」の他にも「PL-11」とも呼ばれる。
上海機電第二局(現在の上海航天技術研究院)が開発を担当している。

元々中国人民解放軍中射程AAM開発は1966年から始まった。
過去に霹靂4霹靂10等の試作中射程AAMがあったが、いずれも実用化せず失敗に終わった。

1990年代中期から量産化が開始され、誘導方式はセミアクティブレーダー誘導である。
本ミサイルの開発に当たっては、イタリアのアスピデ中射程AAMを少数輸入し、アスピデや紅旗61の改良などで得られたノウハウを元に開発したと言われている。

公には、2002年の珠海航空ショーに初めて登場し、主な搭載機として殲撃8II殲撃10での運用が可能とされる。

関連:霹靂4 霹靂10 アスピデ

カタログスペック

全長3.89m
直径20.8cm
翼幅68cm
重量220kg
弾頭HE(33kg)
推進方式固体推進ロケットモーター
最大速度M4.0
射程75km
G限界N/A
誘導方式セミアクティブレーダー誘導
シーカー改良型CWモノパルスシーカー


主な種類

  • 霹靂11(PL-11):
    基本型。
    紅旗61A地対空ミサイルとアスピデAAMの技術を基に開発された。
    • FD-60:
      PL-11の輸出型。

  • 霹靂11A(PL-11A):
    より大型の弾頭を備える改良型。
    中間誘導は指令方式で、終末段階のみ発射母機の管制レーダーから誘導を受ける。

  • 霹靂11B(PL-11B):
    アクティブレーダー誘導型。PL-11-AMRとも呼ばれる。
    AMR-1アクティブレーダーシーカーを搭載している。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS