Last-modified: 2020-11-03 (火) 10:16:00 (29d)

【琉球エアーコミューター】(りゅうきゅうえあーこみゅーたー)

概要
創設1985年
ハブ空港那覇空港
マイレージサービスJALマイレージバンク
保有機材数5機
同盟n/a
航空会社コードIATA:なし*1
ICAO:RAC
コールサインRyukyu(リュウキュウ)
本拠地沖縄県那覇市

Ryukyu Air Commuter(RAC).

日本の航空会社の一つ。本社は沖縄県那覇市に所在。

日本航空グループの構成企業のひとつで、那覇空港をベースに、沖縄県及び鹿児島県の離島路線を運航している。

なお、出資関係上は日本航空の子会社である日本トランスオーシャン航空が株式の過半数を保有しており、日本航空から見れば「孫会社」にあたる。

また、ワンワールドのメンバーではないため、日本航空以外の航空会社でワンワールド・エメラルド会員のステータスを保有していても優先搭乗の対象にはならない。

なお、当社のフライトには700・800番台の便名がつけられるため、日本トランスオーシャン航空と重複することはない。

当社の歴史は、1982年から那覇―慶良間線を運航していた「公共施設地図航空」の経営危機に伴い、同路線の運航継続の受け皿として1985年に設立されたのに始まる。
公共施設地図航空が1986年に倒産して運航を停止した後、当社により1987年に那覇―慶良間線*2の運航を再開。
その後、1991年に南西航空の増資を受けて同社の傘下に入り*3、同社の路線の一部移管を受けるなどしてネットワークを拡大し現在に至る。

運航機材

退役機材

  • デ・ハビランド・カナダDHC-6「ツイン・オッター」:
    1973年に当時の南西航空が導入した機材を1992年に移管されたもの。3機保有。1997〜2002年にかけて退役。
  • ブリテン・ノーマンBN-2「アイランダー」:
    創設当時から運用されていた機体。4機導入され、2003年〜2009年にかけて退役*4
  • ボンバルディアDHC-8-Q100:
    4機導入。創設後初の客室乗務員が搭乗する機体であった。2016〜2017年にかけて退役。
  • ボンバルディアDHC-8-Q300:
    1機導入(機体記号:JA8936*5)。2019年退役*6、カナダへ売却された。


*1 なお、JALマイレージバンクでの搭乗履歴や日本航空グループのチェックインカウンターで発行される手荷物タグでは、親会社の日本トランスオーシャン航空と同じ「NU」と記載される。
*2 現在は同路線からは撤退している。
*3 同時に日本航空グループにも加盟。
*4 同機の退役に伴い、DHC-8が着陸できない800m級滑走路空港(慶良間・粟国・波照間)から撤退している。
*5 なお、この機体記号はJA8000番台の機体記号で最後に割り当てられた番号でもあった(これ以後、日本における民間用ジェット(ガスタービン)機の機体記号の割り振りは「JA+数字3桁+英字1字」もしくは「JA+数字2桁+英字2字」へと完全移行した)。
*6 定期運航終了は2018年1月。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS