Last-modified: 2022-04-23 (土) 05:51:06 (74d)

【揚力】(ようりょく)

Rift.

物体が流体(液体・気体)と衝突した時、物体が上方向に押し上げられる現象。
および、その現象によって生じた上方向の運動エネルギーの量。

実際には"後方斜め上"方向なのだが、航空工学ではこのエネルギーを「後ろ向きの抗力」と「上向きの揚力」に分けて考える。

根本原因は衝突で生じた反作用のエネルギーだが、流体の運動・圧力による二次的な影響も生じる。
このため、実際に何が起きているのかを完全に説明するのは至難である。

航空機が空を飛ぶ上では、重力に逆らって上昇する力を効率よく安全に得るために揚力が利用される。
衝突面の面積が広いほど多量の流体と接触して大きな揚力が生じるため、航空機には巨大な主翼や長大な回転翼が必要とされる。

関連:4つの力 失速 迎え角 滑走路


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS