Last-modified: 2015-04-26 (日) 21:51:06 (966d)

【揚力】(ようりょく)

  • 物体が流体から受ける力のうち、流れの方向と垂直な成分。
    物体の断面形状は翼型であることも多い。

  • 推力抗力重力と並ぶ航空機にかかる4つの力の一つ。
    この意味では主に主翼に発生する揚力を考えている。
    定常水平飛行状態では、重力と釣り合っている。

簡単な説明

  • 空気中を前進する翼は、空気を下方へ押し下げている。この反作用が揚力。

  • 別の見方:翼上面では気圧が大きく下がっており、翼下面では気圧が若干上がっている。
    この圧力差によって、翼は後ろ斜め上向きの力を受けている。
    その力のうち、上向きの分を揚力と呼ぶ(正しくは「気流と垂直な成分」)。
    なお、後ろ向きの成分が誘導抗力

  • 翼に発生した揚力は、スキン?リブ?ストリンガー?スパー?等を介して胴体にも伝わる。



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS