Last-modified: 2022-11-15 (火) 04:48:22 (15d)

【与圧服】(よあつふく)

Pressure suit / Pressurized suit.

飛行服の一種で、高高度など気圧の低い環境での生命維持を念頭に置くもの。
極度の低気圧は致死的であるため、基本的には気密・与圧によって体表の気圧を保つ事を念頭に置く。

内外での気圧差が大きいほど圧迫などの物理的な負荷・危険が生じるため、地上より少し低気圧に調整される。

気圧が極端に低くなると、肺が酸素吸収に必要な圧力を得られず、酸素マスクがあっても呼吸困難に陥る。
また、減圧によって血中の窒素などが気泡となって圧迫する減圧症も問題になる。

「血液が沸騰する」などという風説もあるが、これは基本的に間違い。
血液自体は沸騰し得るが、外傷性の大出血を起こしていない限り皮膚・血管で十分に保護される。

こうした低気圧は基本的にコックピットキャビン自体を密閉・与圧して対処する。
与圧服を着用するのは緊急対応のためで、被弾・事故などで気密が破れた極限状況における短期間の生存を想定する。
とはいえ、気密性を第一に考える与圧服は分厚く頑丈で動きにくく、操作を阻害する上に、実際には乗員の生還率にほとんど寄与しない。
高高度で超音速巡航中にコックピットを圧壊させるような衝撃を受けた場合、そこにいた乗員がまだ生きているとは考えにくいからだ。

戦闘が想定される場合は低気圧を危惧するより手技の操作性を確保する方が生存上重要なため、現代軍用機で与圧服が必要とされる事はほとんどない。
実験機宇宙船など、未知の危険要因が予期される実験的計画では今でも与圧服が必要とされている。

関連:宇宙服

20050821psuit.jpg
U-2パイロット用与圧服


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS