Last-modified: 2020-03-22 (日) 15:53:35 (73d)

【明野飛行場】(あけのひこうじょう)

三重県伊勢市に所在する、防衛省所管の軍用飛行場

陸上自衛隊明野駐屯地(JGSDF Camp Akeno)が設置されており、航空学校本校及び中部方面航空隊第5対戦車ヘリコプター隊、第10飛行隊(第10師団隷下)などが駐屯している。

本飛行場のルーツは、1921年(大正9年)に開設された「陸軍航空学校明野分校」に由来する。
明野分校は1924年に「明野陸軍飛行学校」となり、主として戦闘機パイロットの教育・訓練(空中射撃術など)に従事した。

その後、大東亜戦争中の1944年「明野教導飛行師団」と改称される。

終戦後、浜松から陸上自衛隊航空学校が移転し、陸上自衛隊航空部隊の拠点として現在に至っている。

関連:レインボーコブラ

空港情報

種別軍用
滑走路500m×30m(13/31)
500m×30m(04/22)
3レターコードなし
4レターコードRJOE
ILSなし
設置・管理者防衛省陸上自衛隊

駐屯部隊・機関

防衛大臣直轄部隊・機関

  • 陸上自衛隊航空学校
    • 企画室
    • 総務部
    • 整備部
    • 第1教育部:師団や航空部隊の運用に関する教育課程
    • 第2教育部:陸上自衛隊のヘリコプターの操縦訓練課程(UH-60JAOH-1AH-1Sなどを装備)
    • 研究部:教育訓練に関する調査・研究
    • 飛行教導隊:航空学校及び富士学校における幹部教育課程の教育支援を行う(UH-60JA、CH-47JAなどを装備)
  • 教育訓練研究本部
    • 開発実験団飛行実験隊(主としてOH-1の試験飛行を行っている)
  • 警務隊

第10師団隷下

  • 第10飛行隊(UH-1Jを装備)

中部方面隊隷下

  • 中部方面航空隊
    • 第5対戦車ヘリコプター隊(AH-1SOH-1を装備)
  • 中部方面管制気象隊
    • 第1派遣隊
  • 中部方面後方支援隊
    • 第107全般支援大隊
      • 整備中隊明野派遣隊
  • 中部方面通信群
    • 第104基地システム通信大隊
      • 第306基地通信中隊明野派遣隊


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS