Last-modified: 2011-12-13 (火) 21:13:41 (2018d)

【閉鎖機構】(へいさきこう)

Locking system
ガンにおいて発射ガスの圧力を有効に活用するため、発射から次弾装填までの間、遊底を閉鎖しておくためのメカニズム。
閉鎖機構は回転機構と密接な関係を持つが、必ずしも一対一に対応するものではない。

閉鎖機構の種類

  • 手動式
    • 中折れ式(ブレイクオープン)
    • 閂式(ボルトアクション)
    • レバーアクション+トグルアクション
  • 外部動力式
  • ガス圧利用式(ガスオペレーション
    • ロータリーボルトロッキング
  • 反動利用式
    • ショートリコイル(銃身がわずかに後退するもの)
      • ティルトバレルロッキング(銃身がぶれやすいため半自動式拳銃専用)
      • トグルアクション(レバーアクション以外のもの)
      • ブロックロッキング
      • ロータリーバレルロッキング
      • ローラーロッキング(MG42などの銃身可動式)
    • ロングリコイル(銃身が大きく後退した後、遊底を残して銃身が戻るもの)

擬似閉鎖機構(ディレイドブローバック

厳密には閉鎖機構ではないが、反動利用式において遊底のブローバックを遅らせることにより、閉鎖機構と同様の効果を持つもの。
ショートリコイルに似た性質を持つが、銃身が固定されているので命中精度が高い一方、遊底部分の機構が複雑になりがちである。

  • ガスロッキング(発射ガスを導き、一時的に遊底を押さえつける)
  • ローラーロッキングG3などの銃身固定式)

閉鎖機構を用いないもの

機構が単純である一方、発射ガスが逃げやすいので初活力の面で不利となる。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS