Last-modified: 2016-07-31 (日) 11:12:58 (242d)

【福岡空港】(ふくおかくうこう)

福岡県福岡市博多区に所在する拠点空港。「板付空港」とも呼ばれる。
福岡市街地の至近という立地から、羽田成田に次ぐ日本第3位の年間発着回数を誇り、九州北部の航空輸送の一大拠点となっている。
また、航空自衛隊の「春日基地板付地区*1」や福岡県警察・福岡市消防局航空隊及び海上保安庁福岡航空基地も併設されている。

この他、アメリカ軍も常駐機こそないが、不定期的に航空機を飛来させている。

本空港の歴史は、大東亜戦争中の1944年に建設が始まった日本陸軍の「席田(むしろだ)飛行場」に由来している。
翌年5月に滑走路が完成したが、間もなく終戦となり、進駐してきたアメリカ陸軍航空隊に接収され「板付基地」となる。
その後、1951年に日本航空が創業、同地〜伊丹〜羽田間に定期路線を開設。
以後、国内外各地への路線が開設され「板付空港」として九州の空の玄関口になっていった。

1972年にアメリカ空軍から全面返還されて第二種空港となり、その後の空港法改正で「拠点空港」となって現在に至っている。

空港概要

種別拠点空港(国管理・旧第二種
滑走路2,800×60(16/34)
3レターコードFUK
4レターコードRJFF
ILSあり
設置・管理者日本国政府(国土交通省)

自衛隊の駐屯部隊

すべて航空自衛隊の部隊である。

この他、定期便の輸送機や別部隊の空自海自陸自機も飛来して利用する。

所在の官公庁航空組織


*1 春日基地本庁舎地区には飛行場施設がなく、飛行部隊はすべてこちらに駐屯している。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS