Last-modified: 2016-12-17 (土) 16:57:44 (361d)

【百里飛行場】(ひゃくりひこうじょう)

茨城県小美玉市に所在する、防衛省管理の軍民共用飛行場
航空自衛隊の基地が置かれているため「百里基地(JASDF Hyakuri Air Base)」、また、民間空港としては「茨城空港」と呼ばれている。
(この他、茨城県警察航空隊の基地も併設されている)

本飛行場のルーツは、第二次世界大戦前の1937年、旧日本海軍により開設された「百里ヶ原飛行場」である。
以後、海軍の基地航空隊が置かれて首都防衛の拠点として活動していたが、終戦に伴う軍の解体により放棄され、満州などから引き揚げてきた人々が住み着いて農地として使われてきた。

その後、1950年代になって当時の防衛庁がこの地に航空基地を設置することを決定。
多数の地権者が存在したため土地の収得が難航したものの、1966年に「百里基地」として再開設。
戦闘機F-104JF-15JF-4EJ/EJ改)を擁する第7航空団RF-4を擁する「偵察航空隊」など、空自の有力な部隊が配備され、首都防空の要となった。

関東地方にある空自管理の航空基地としては、同基地の他に「入間基地(埼玉県)」「府中基地(東京都)」があるが、入間は(騒音公害防止の観点から結ばれた)地元との協定により、アフターバーナーを装備する機体の運用ができず、また、府中にはヘリポートしかなく、固定翼機の運用ができない。
そのため、関東地方で唯一(離島を除く)、戦闘機の運用が可能な基地となっており、自衛隊記念日に際して行われる観閲式典が空自の担任になった年には同基地が「航空観閲式」の会場となる*1

問題点

本飛行場には、その開設当初から様々な問題が起きており、現状でも解決できていないものがある。

土地の取得とそれに付随する運用上の問題

前述のように、防衛庁がこの地に基地を建設しようとした際、同地の地権者の一部がこれに反発。
これが革新系活動家と結びついての大規模な抵抗運動に発展したあげく、結局、全ての地権者の同意を取り付けることができないまま建設に着手することを余儀なくされた*2
そのため、本来なら直線状に作られるべき誘導路を、未取得地を迂回する形(くの字誘導路)で作ることになってしまい、有事に滑走路を破壊された際に誘導路で代替することができなくなっている。
また、基地建設反対派が敷地内に所有する飛び地*3内に植えた木や「自衛隊は憲法違反」と書かれた巨大看板が、管制塔から滑走路端への視界の妨げにもなっている。

交通インフラ

本飛行場は開設以来、長きに渡って周辺の公共交通インフラが極めて脆弱な状態にあり、大きな商業施設も置かれなかったことから、基地に勤務する自衛官や航空ファンから「陸の孤島」「隔離基地」などと呼ばれていた。
そのため、航空祭が開かれる際には来場客の自家用車で大渋滞が発生することが常であり*4、特にアメリカ空軍サンダーバーズが来日した2004年度の航空祭*5では「駅から出発したシャトルバスの第1便が基地への到着までに8時間かかり、バスが着いた時にはもうイベントが終わっていた」という有様にもなった。

この点については2010年の軍民共用化後、順次改善が進められているが、それでも東京都心部から2時間前後かかり、成田空港よりも遠い。

軍民共用化後

2010年の軍民共用化後も、東京都心部からの距離の遠さに起因する就航路線の取得難*6、(政治的に算出された)過大な需要見積もりと現実の航空需要との乖離など、こちらでも多くの問題を抱えている。

ただし、開港初年以外は黒字収支で推移している。
これはシャトルバスや無料駐車場による交通利便性の改善に加え、空港自体の設備投資を徹底的に抑えたうえ、航空運輸とは無関係な催事を多数開催して旅客以外の集客に努めたためとされる。
また、当初は百里基地の防諜に配慮して、展望デッキに偏光ガラスを設け視界を制限していたが、2014年に撤廃され景観も改善した。
百里基地内にあった茨城県警察航空隊のヘリパッド、格納庫は共用化と同時に茨城空港側へ移転している。

空港情報

種別軍民共用
滑走路03R/21L(2,700m×45m)
03L/21R(2,700m×45m)
3レターコードIBR
4レターコードRJAH
ILSあり
設置・管理者防衛省航空自衛隊


主な就航路線

国内線
スカイマーク直行便:新千歳空港神戸空港福岡空港那覇空港
神戸経由便:那覇空港*7
国際線
春秋航空上海浦東国際空港(上海)
中国南方航空深圳宝安国際空港(深圳)

自衛隊の主な配備部隊

同飛行場に駐屯している部隊は、いずれも航空自衛隊の部隊である。

  • 航空総隊隷下部隊
  • 航空支援集団隷下部隊
    • 航空保安管制群百里管制隊
    • 航空気象群百里気象隊

  • 防衛大臣直轄部隊
    • 航空警務隊百里地方警務隊
    • 自衛隊情報保全隊 東部情報保全隊
      • 百里情報保全分遣隊

その他の官公庁航空組織

  • 茨城県警察本部地域部地域課

参考リンク:

百里基地 http://www.mod.go.jp/asdf/hyakuri/
茨城空港 http://www.ibaraki-airport.net/
赤塚諭「茨城空港にみる地方空港の赤字解消のための経営戦略」 http://gyosei.mine.utsunomiya-u.ac.jp/since2001koki/yoka12/120710akatsukas.htm


*1 陸上自衛隊海上自衛隊が担当となる年は航空祭が開かれる。
*2 この経緯は後年の成田空港での事例とも類似している。
*3 「平和公園」「平和農園」「百里稲荷神社」などがある。また、これらの飛び地は柵で囲まれた小道で外部と連絡しており、人の出入りができる。
*4 このこと自体は、戦闘機を配備した基地でエアショーが行われるとなればどこでも起き得る。
*5 ただし、この時は天候不順のためサンダーバーズの展示飛行は行われなかった。
*6 日本航空全日本空輸には就航を辞退され、スカイマークなどの新興・格安航空会社が乗り入れることになったが、会社の都合により長期休航となることが多く不安定である。
*7 復路は福岡経由。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS