Last-modified: 2017-01-22 (日) 15:27:07 (155d)

【避弾径始】(ひだんけいし)

戦車などの装甲を、敵から見て斜めに見えるような角度に傾けて設置する事。
設計段階で考慮される他、運用している兵士も「装甲が傾斜するよう、真正面ではなく斜め前に敵を見据える」などの配慮を行う。

これによって砲弾などを角度に沿って滑らせ、貫通しにくくする。
また、進入角が斜めになると、垂直な場合に比べて見かけ上の装甲厚が増え、貫通に必要なエネルギーが大きくなる。
弾頭が軽いほど弾丸が滑りやすいため、特に高速徹甲弾に対して有効である。
ただし、接触面が塑性流動*1を起こしてしまうほど高速な弾丸に対してはほとんど有効でない。

また、爆発反応装甲も典型的に30°ほどの被弾径始になるよう設置される。
着弾した弾頭に反応して爆発し、その爆圧で弾頭を横から殴りつけて侵徹を阻害するものである。

一方、曲線的な形状は内部容積の活用を困難にし、前面投影面積を広げる欠点がある。
また、どの方位からどこを狙っても常に傾斜しているような形状は幾何学の原理上実現不可能である。
このため近年の戦闘車両は前面を撃たれた場合にのみ避弾径始を成立させ、側面や背面はあまり傾けない傾向にある。

前面だけを傾斜させるなら、前面投影面積に影響を及ぼさない設計ができる。
また、側面や背面は突発的な奇襲でない限り攻撃されない箇所なので、装甲自体が薄く、避弾径始させる利点が少ない。

関連:装弾筒付翼安定式徹甲弾


*1 ユゴニオ弾性限界を超える高圧を加えた時、物体が破断されずに「液状化」して変形し、圧力が消えても元の形状に戻らなくなる現象。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS