Last-modified: 2017-10-09 (月) 17:16:06 (9d)

【八尾空港】(やおくうこう)

大阪府八尾市に所在する空港(旧第二種空港。現在は「その他公共用飛行場」と定められている)。

1933年、「阪神飛行学校」の飛行場として、中河内郡大正村南木本及び太田地区*1の農地を埋め立てて開設された。
その後、軍専用飛行場となって「大正飛行場」と改称。
大東亜戦争末期には京阪神地区の防空のため、陸軍第11飛行師団の司令部及び飛行第246戦隊*2が設置された。

終戦後はアメリカ軍に接収され、陸軍航空隊ヘリコプター基地として運用。
1954年に日本に返還され、1956年に「八尾空港」と改称、全国の空港の中でいち早く民間運用が開始された。

(正式名称を「大阪国際空港」と呼ぶ)伊丹空港よりも大阪市に近い立地から、近畿地方の非運輸航空事業の重要拠点として活用されており、官公庁(大阪府警・大阪市消防局及び国土交通省)・在阪マスコミや一般企業・個人が使用するビジネス機・自家用機・ヘリコプターなどが多数発着している。
一方で旅客機貨物機の定期便路線はないが、空港法の特例措置により「当面の間、国が管理する飛行場」として扱われている。

後述の通り、本空港は二本の交差滑走路を備えているが、交差滑走路を備える空港・飛行場は日本ではそう多くない*3

空港の敷地は陸上自衛隊八尾駐屯地(JGSDF Camp Yao)と隣接しており、中部方面隊隷下の航空隊・ヘリコプター隊、及び第3師団隷下の第3飛行隊などが駐屯している。

空港情報

種別その他公共用*4
滑走路1,490m×45m(09/27)
1,200m×30m(13/31)
3レターコードなし
4レターコードRJOY
ILSなし
設置・管理者日本国政府(国土交通省)

自衛隊の主な駐留部隊

所属部隊はいずれも陸上自衛隊の管轄。

  • 中部方面隊隷下部隊
    • 中部方面航空隊
      • 中部方面ヘリコプター隊(OH-1UH-1を装備)
      • 中部方面管制気象隊基地隊
      • 中部方面航空整備隊
    • 第3師団
    • 中部方面通信群
      • 第104基地システム通信大隊第318基地通信中隊八尾派遣隊
    • 中部方面会計隊
      • 第429会計隊
  • 防衛大臣直轄

その他の官公庁航空組織

  • 大阪府警察本部地域部
    • 大阪府警察航空隊(以下の機体を装備)
      • ベル206L-4(愛称「せんなり」)
      • AS365N2(愛称「はやかぜ」)
      • EC135P1/P2+(愛称「ちはや」「つばさ」)
      • AW139(愛称「はやかぜ」「おおわし」)
      • ベル412EP(愛称「まいしま」)
  • 大阪市消防局警防部指令課
    • 大阪市消防航空隊(AS365N3(愛称「おおさか」「なにわ」)を装備。運用エリアは大阪府下全域)
  • 国土交通省近畿地方整備局(災害対策用機としてベル412EP(愛称「きんき」)を装備*5


*1 本空港所在地の当時の行政区分。
*2 二式単座戦闘機「鍾馗」?四式重戦闘機「疾風」などが配備された。
*3 本空港以外では仙台・新潟・羽田だけである。
  また、防衛省管理の飛行場では松島・防府北(空自)、及び小月(海自)の各基地が交差滑走路を備えている。

*4 実質上「軍民共用」空港である。
*5 運航は中日本航空に委託。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS