Last-modified: 2022-10-16 (日) 15:54:34 (44d)

【馬力】(ばりき)

仕事率(運動エネルギーの量)を表す単位。
元々は馬1頭が運べる荷物の重量から算出していた古典的な単位系であり、現代の厳密な科学的計算には用いられない。

「1馬力」は輓馬が長時間にわたる荷役をこなせる荷重量を指していたが、これは馬の肉体的な瞬間最大出力とは一致しない。
G偽チに出場するサラブレッドの全力疾走は数十馬力に達するし、人間ですらアスリートの100m走では1馬力を越える出力を出している。

イギリス系帝国単位(ヤード・ポンド法)とフランス起源のメートル法で、それぞれ異なる「馬力」が定義されている。
日本語においては、主にヤード・ポンド法の馬力が「英馬力(BHP)」、メートル法の馬力が「仏馬力(PS)」と表記される。

元々はイギリスで蒸気機関が実用化された際、当時一般的な荷役だった馬と比較するために簡易な定義がなされた。

その後、ヤード・イギリスの古典的帝国単位(ヤード・ポンド法)の度量衡に基き、重量ポンドを基準として再定義したものが英馬力で、イギリスやアメリカでの一般的な馬力である。

一方、メートル法に基づき、重量キログラム基準で再定義したものが仏馬力で、ヨーロッパの大陸国家や日本での一般的な馬力である。

仏馬力と英馬力では定義に使用された単位が違うため、この二つでは同じ値でも仕事率は一致しない。

現代の国際単位系における仕事率は「ワット」を単位として用いることから、馬力は文化的理由で用いられる併用単位とされている。

英馬力・仏馬力・キロワットの単位換算

英馬力(HP)1 HP1.01387 PS0.74569987158227022 W
仏馬力(PS)0.98632 HP1 PS0.73549875 W
キロワット(kW)1.35962 HP1.34102 PS1 kW



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS