Last-modified: 2015-07-15 (水) 22:40:54 (678d)

【能登空港】(のとくうこう)

石川県輪島市近辺に所在する地方管理空港
愛称は「のと里山空港」。
陸上交通が不便な能登半島の活性化に大きな役割をもたらすとして、2003年7月7日に開港した。

開港当初は地方空港にありがちな搭乗率の不振*1を危惧されたが、周辺地域の住民には搭乗補助金を出すなどの地域の振興や、旅行業界でのニーズがあったことから、開港6ヶ月が経過した2004年1月には羽田発着の国内線中トップの90%以上の搭乗率をはじき出し、その不安を一蹴した。

平均搭乗率の高さは未だに続いており、今後の発展が期待されている。

本空港のターミナルビルには行政機関の出先事務所*2を併設し、能登半島地域の行政拠点としても活用されている他、「道の駅『能登空港』」としても登録を行い、同地の観光情報の拠点ともなっている。
また、敷地に隣接して日本航空学園の拠点があり、航空従事者の育成が行われている*3

就航路線

就航会社就航地
全日本空輸
(ANA)*4
東京国際空港

空港情報

種別地方管理空港(旧第三種
滑走路2,000m×45m(07/25)
3レターコードNTQ
4レターコードRJNW
ILSあり
設置・管理者石川県



*1 地方空港は計画に際し、政治的な要求から往々にして過大な需要予測が出されることが多く、開港後、現実の搭乗率との乖離から大幅な赤字を計上することが多々ある。
*2 石川県奥能登総合事務所など。
*3 日本航空大学校では3機のYS-11を用いて整備士の教育に充てている。
*4 営業上、富山空港及び小松空港とのマルチエアポートとして扱われている。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS