Last-modified: 2020-06-27 (土) 10:57:08 (84d)

【日本貨物航空】(にっぽんかもつこうくう)

概要
創設1978年*1
ハブ空港成田国際空港
関西国際空港
保有機材数8機
同盟未加盟
航空会社コードIATA:KZ
ICAO:NCA
コールサインNipponCargo(ニッポンカーゴ)
本拠地千葉県成田市

Nippon Cargo Airlines (NCA).

日本の航空会社のひとつ。本社は千葉県成田市(成田空港内)に所在。

日本郵船グループに属する*2国際貨物専門航空会社で、同様の業態を持つ会社の中でも世界有数の規模を誇る航空会社でもある。
また、2020年現在、B747シリーズを運航する唯一の日本籍オペレーターでもある*3

このため、2011年に日本航空からB747が退役した後、2019年3月まで航空自衛隊が運航していた初代政府専用機の機体関連資格の取得支援業務を受託していた。

ただし、同社にはB747の重整備を行える施設がない。

公式サイト:https://www.nca.aero/main.html

保有機材

  • 現在の使用機
    • B747-8F
      当初、カーゴルックス航空と共に同機のローンチカスタマーとなる予定だったが、納入が延期されたため権限をキャセイパシフィック航空に委譲。
      現在は8機を運用中。

      この他、オプションとして6機を発注していたが、2017年までにすべてキャンセルされている。
      なお、これにより、日本におけるB747シリーズの導入は終了することとなった*4


*1 路線の開設は1985年。
*2 当初は全日本空輸や大阪商船、商船三井などの国内海運各社、日本通運なども出資していたが、後年、これら各社の出資割合は徐々に減り、現在では日本郵船が資本のほぼ全額を出資している。
*3 2019年3月に航空自衛隊で運航されていた旅客型(B747-47C)が全機退役したため。
*4 かつてB747を運用していた日本航空全日本空輸の両社とも、(運航コスト上の問題などから)B747-8の旅客型の発注はしていなかった。
*5 残り2機は当社に導入されずに終わった。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS