Last-modified: 2017-03-04 (土) 10:30:30 (171d)

【日本エアシステム】(にほんえあしすてむ)

概要
創設1964年(創立当時は「日本国内航空」名義)
ハブ空港東京国際空港
保有機材数85機(最終状態)
マイレージサービスJASマイレッジサービス
航空会社コードIATA:JD*1
ICAO:JAS(東亜国内航空時代は「TDA」)
コールサインAir System
(東亜国内航空時代は「Toa Domes」、日本航空との経営統合後は「J Bird」)
本拠地東京都大田区

Japan Air System(JAS).

かつて存在した日本の航空会社。本社は東京都大田区に所在していた。
現在は日本航空に吸収合併され、法人格は消滅している。

略歴

1971年
「日本国内航空」と「東亜航空」との合併により「東亜国内航空(TDA:Toa Domestic Airlines)」として発足。
運輸省の「45/47体制」により準幹線とローカル線の運航が割り当てられ、国内線専門の航空会社として運営された。
1980年代後半
45/47体制の終焉に伴って国際線への参入が自由化。これに際して社名を「日本エアシステム」と改め、近距離国際線にも進出。
2002年
日本航空との株式移転により持株会社「日本航空システム*2」の傘下に参入。
2004年
「日本航空ジャパン」へと社名変更。
2006年
「日本航空インターナショナル」に吸収合併され、これにより法人格が消滅。

使用されていた機材

契約のみで未導入だった機材


*1 現在は中華人民共和国の「北京首都航空」が使用している。
*2 後の「株式会社日本航空」。2010年1月に経営破綻し、同年12月、日本航空インターナショナルに吸収合併されて消滅。
*3 当社の機体として導入されたが、引き渡し時には日本航空の塗装で引き渡され、カスタマーコードも当社の「89」ではなく日本航空の「46」とされている。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS