Last-modified: 2016-02-13 (土) 09:02:36 (673d)

【特別攻撃】(とくべつこうげき)

車両・艦船・航空機等が、人が乗り込んだまま目標に衝突し、搭乗員の自殺と引き替えに打撃を与える攻撃方法。
「特攻」と略された言い方が一般的で、今日では「体当たり攻撃」と同義語に扱われる事が多い。

生還を見込めない絶望的状況に陥った兵士が敵を道連れにしようと無謀な攻撃に出る事例は枚挙に暇がない。
しかし、それは普通、死を避けられない状況に陥った後で決意され実行されるものである。
軍隊が正規の作戦として事前に計画し、組織的・継続的に行われる事例は太平洋戦争末期の日本を除いて類を見ない。

同時代にはソ連軍におけるタラーン戦術、ドイツ空軍ゾンダーコマンド・エルベなどの類例がある。
しかし、いずれも将兵を生還させるための努力は最低限行われており、生還を許さない日本軍の「特攻」は群を抜いて異質である。

日本軍は1944年10月のレイテ沖海戦で初めて軍として組織だった特別攻撃を実行。
その後、特別攻撃を除くいかなる戦術にも応用できない奇怪な兵器群を次々と設計、実戦に投入した。

特攻兵器は総じて効率的な攻撃に必要な機動力・自衛能力に欠ける傾向にあり、大抵は戦果を挙げる事なく迎撃を受けて散った。
しかし極めて希に直撃して打撃を与える事に成功した事例もあり、それらは通常攻撃よりも派手な戦果を挙げて軍の参謀たちを喜ばせたという。
なお、特攻兵器の乗員は攻撃の機会がなければ帰還したが、生還者は敵前逃亡扱いを受けて隔離・軟禁・再出撃を強いられる運命にあった。

後世、日本軍のこの行動は「常軌を逸した愚行」「戦場の狂気の代表例」などと語り継がれている。
しかし、あえて人権上の問題を無視して考えるなら、末期戦という常軌を逸した狂気の状況下で戦う手段としては一定の合理性を認められる。
コスト・パフォーマンスも実際それほど(当時選び得た他の選択肢に比べて)悪くはなかったものと考えられる。
丹精込めて育て上げた陸海軍の精鋭はすでに全滅同然であったため、機体の生存性はもはや促成軍人の平均余命に有意な影響を与えなかっただろう。

すでに事実上の壊滅状態にあった日本軍は、それでも特別攻撃という選択によって、なおアメリカに流血を強要し続ける事ができた。

そこまでして戦い続ける意味があったか、という疑問は敗北主義的見地からは当然出てくる。
これは思想の違いに帰結する問題だが、敵に強いた流血が戦後日本の運命に対して無益であったと考えるのは公平ではないだろう。
もちろん、自国民に死を強要する事が戦後日本の運命に対して無害であったと考えるのも公平ではないが。

関連:バンザイアタック 9.11事件 FOX4 ピケット艦?

旧日本軍の特別攻撃兵器群

桜花
人間が終端誘導を行う対艦ミサイル
回天
九三式三型魚雷(酸素魚雷)を改装して人間を乗せた潜水艇。通称「人間魚雷」
震洋
船首に炸薬を満載した内火艇
四式肉薄攻撃艇
爆雷を搭載した内火艇。厳密には特攻前提の兵器ではないが、生還可能性という観点で見れば大差ない
伏龍
通称「人間機雷」。潜水具を着けた人間が槍か銛のように棒付きの機雷を構え、直接敵艦を突こうとした

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS