Last-modified: 2016-12-17 (土) 19:28:55 (338d)

【特殊部隊(軍事)】(とくしゅぶたい(ぐんじ))

軍隊において、戦闘員スパイの境界領域に属する特殊で危険な作戦に従事する部隊特殊部隊)。

関連:特殊作戦 特殊部隊(警察) スパイ 秘密警察

主な任務

軍事特殊部隊に要求される任務はおおむね以下の通り。
情報収集・民衆の扇動・物理的破壊工作・暗殺・敵地潜入など。
必要な技術は、空挺降下・語学・狙撃・徒手格闘技・サバイバル術・心理操作など。

こうした技術は、国内のテロリスト対処にも応用されるが、交渉や逮捕は司法の領分であり、軍事力の投入は白旗を掲げない者の殺害を意味する。

なお、部隊の特質上、作戦中に主力戦車野戦砲の支援を受けることは困難であり、単純な戦闘力においては「少人数の歩兵」の域を出ないことが普通。

当然のことであるが、人は撃たれれば傷つくし、場合によっては死ぬ。
機関銃制圧射撃を受けたが日ごろの訓練のおかげで生き延びた」などということはまずありえない。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS