Last-modified: 2016-12-12 (月) 18:52:37 (311d)

【電子航空券】(でんしこうくうけん)

航空券の一種で、券面に記載される内容をデジタルデータ化し、紙の航空券を発行しないもの。
「eチケット」とも呼ばれ、日本では「チケットレスサービス」とも呼ばれる。
現在では国際航空運送協会(IATA)加盟の全航空会社で使用が義務付けられている*1*2

顧客からの注文は電話やインターネットで受け付け、その注文内容は航空会社の社内データベースに記録される。
顧客には有価証券でない確認用書類*3が発行され、フライト当日、これを持参してチェックインを行う。
本人確認*4や運賃・料金の支払いなどが滞りなく済めば、その時点でカウンターから搭乗券が引き渡される。
運賃・料金の支払いは予約時にインターネット上で行われる場合も、チェックインに際して請求される場合もある。

顧客にとっては、航空券を購入するために旅行会社や航空会社へ出向く必要がなくなり、紛失・盗難の危険も回避できる。
一方、発行者の企業側には有価証券である航空券を発行・保管する必要がなくなるため、コスト節減にも繋がる。

電子航空券のトラブル

このように利便性の高い電子航空券であるが、トラブルもないわけではない。
契約がインターネット上で行われる性質上、従来よりも詐欺を行う余地が大きいという指摘もある。

例えば、電子航空券の確認書類を持っていたにも関わらず、当日のチェックインで契約未成立として搭乗を拒否された例がある。
委託販売を行っていた旅行会社が(経営破綻に伴う債務整理のため)顧客に無断で電子航空券を払い戻し、契約を解除していたのである。


*1 紙の航空券が発行可能であった最後の数年間は、紙媒体での発券を希望する顧客に手数料を課すところもあった。
*2 このため、出入国審査などで航空券の提示を求められた場合、確認用書類の提示をもって代用できる。
*3 「確認書」「旅程表」「お客様控え」など、各社によって形容は様々。
  電子メールの添付ファイルやwebページとして電子的に表示されるものを顧客が各自で印刷する場合もある。

*4 運賃・料金の支払いに使用したクレジットカードやパスポート、(ICカードによる決済機能を持つ)携帯電話・スマートフォンやマイレージ会員カードなどを使うこともある。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS