Last-modified: 2015-08-19 (水) 10:08:15 (796d)

【転換式航空機】(てんかんしきこうくうき)

Convertible aircraft.

飛行機ヘリコプターの特長を兼ね備えるべくつくられた航空機の形式。
VTOLの一種とも、回転翼機の一種とも考えられる*1

離着陸時にはローターを上に向けて揚力を発生させる。
巡航時にはローターを前に向けてプロペラのように推力を得、主翼によって揚力を発生させる。
(このロータープロペラを兼ねた部品をプロップローターと呼ぶこともある)
このことにより、垂直離着陸が可能でありながら、ターボプロップ機に迫る速度航続距離を目指したものである。

その形態によって、ローター部分を機体に対して傾けるティルトローターと、機体の姿勢ごと方向を変えるテイルシッターに大別される。*2
(胴体に対し、ローター主翼をまとめて回転させるものをティルトウィングという)

滑走路を必要としない飛行機として期待され、非常に多くの機体が研究・試作されてきたが、ローターの角度を変えるには様々な技術的困難が伴う。
現在のところ、実用レベルに達したのはティルトローター式のV-22のみである。


*1 アメリカ連邦航空局VTOLや転換式航空機等、推力方向を垂直・水平に変化できる重航空機の総称として、新たにパワード・リフトというカテゴリーを設けている。
*2 試作されたテイルシッターの中にはジェットエンジン式のものも存在した。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS