Last-modified: 2016-05-15 (日) 16:45:13 (434d)

【天馬】(てんま)

  1. 韓国軍の近距離防空用地対空ミサイル。KSAMとも呼ばれる。
    韓国初の国産地対空ミサイルで、主契約社は大宇重工、ミサイルシステムは三星電子(現・三星タレス)社がフランスのトムソンCSF(現・タレス)社の協力を受けて開発を行った。

    大宇重工のK200装甲兵員輸送車の車体をベースに開発された汎用装軌式車輌に8連装のミサイル発射機とレーダー類を装備した全周旋回式ターレットを載せている。
    車体は、前部左側に操縦手席、右側に機関室、中央部に戦闘室を配置し、車体後部には乗降用ハッチが設けられている。
    また、車内には自動消火装置、NBC防護装置が装備されている。

    捜索レーダーはSバンドで、最大探知距離は20km、8つの目標を自動追尾できる。
    追跡レーダーはKuバンドで最大探知距離は16km、ホバリング中のヘリコプターからマッハ2で飛行する航空機まで追跡できる。
    また、FLIRも搭載されており、最大探知距離は15kmとなっている。

    ミサイルは、有効射程は約5.4nm、最大速度はマッハ2.6を誇り、3.0Gを超える急旋回も可能な機動性を有している。
    弾頭は高性能指向性炸薬(12kg)を備え、レーザー近接信管で作動する。
    誘導方式は指令照準線一致誘導(CLOS)を採用している。

    韓国陸軍での配備は第20機械化歩兵師団の防空大隊と首都防衛司令部を中心に進められており、2003年には第2期生産分として69輌が発注され、2009年までに引き渡される予定になっている。

    スペックデータ
    全長N/A
    全高N/A
    全幅N/A
    戦闘重量25.0t
    エンジンMAN D2848MT液冷ターボチャージドディーゼル(出力550hp)
    最大速度60km/h(路上)
    行動距離500km
    装甲N/A
    乗員3〜4名
    兵装8連装短SAM発射機×1基(ミサイル8発)

  2. カーティス・ライト社製のレシプロ輸送機C-46「コマンドカーゴ」航空自衛隊に導入された際、防衛庁が命名した愛称

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS