Last-modified: 2016-10-23 (日) 15:37:18 (214d)

【敵味方識別装置】(てきみかたしきべつそうち)

Identification Friend or Foe (IFF)

レーダーで捉えた目標が、友軍機であるかそうでないかを自動的に識別する装置。
暗号コードを送信し、受信した側はそれに返答をすることにより友軍、ないしは民間航空機であることを知らせる。
1940年代、第二次世界大戦時にアメリカとイギリスによりMK-Iとして初めて使用された。その後、民間用にも拡張された。

質問信号の送信には1,030MHz、返答には1,090MHzの周波数*1を用い、パルスコードで送信するため、比較的低出力でも広範囲に送信することが出来る。
返答があった場合は間違いなく友軍であると判るが、返答が無かった場合は必ずしも敵であるとは限らないので、注意が必要。
過去、IFFを装備しているにも関わらず数度の誤射事故が発生している。

動作モード

IFFの動作には複数のモードが存在する。
以下にその概要を示す。

モード名概要
Mode 1軍用、航空管制(AWACS等)において使用。
返答できるパターンが64通りしかないため、対象の識別には使われない。
Mode 2軍用、航空機を識別するために使用。
返答パターンが4096通りある。
Mode 3/A民間・軍事共用。ATCのコードと共通で航空管制用に用いられる。
空港管制側で計器飛行中の各機に4桁のユニークID*2を割り当て、「Mode C」と共に使われる。
Mode C高度応答モード。このモードでの質問信号が送られると、受信側は自機の現在高度を返答する。
「Mode 3/A」とあわせて用いられる。
二次元レーダーしか備えていない空港飛行場では、これが対象機の高度を知る唯一の術となる。
Mode 4軍事用の暗号化されたモード。
本来の用途である「敵味方識別」にはこのモードを使う。
Mode S従来の各モードの欠点*3を改良したモード。
質問信号とは別途に識別信号を設定し、個別の航空機のみから応答を引き出すことが可能となっている。
「Mode 3/A」と互換性あり。

*1 現在、民間機ではTCASの質問と返答にも用いられている。
*2 なお、有視界飛行中の機体は固有のID「1200/1400」を使用する。
*3 IFFからの質問に対し、信号の届く範囲内を飛んでいるあらゆる航空機が応答してしまうため、互いに妨害しあったり、受信する人間が混乱してしまう可能性がある。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS