Last-modified: 2022-03-08 (火) 06:08:01 (115d)

【敵防空網破壊】(てきぼうくうもうはかい)

Destruction of Enemy Air Defence(DEAD).

アメリカ空軍ドクトリン研究上の用語。
攻勢対航空作戦の一種で、敵防空網制圧の発展形。
敵陣営の防空網を標的として攻撃を行い、敵防空網殲滅する事。

敵防空網制圧を行った後で別途に追撃・占拠するのではなく、一連の空爆で敵防空網を完全に破壊しようとする点が特徴。
多大な投射弾量空対地ミサイル誘導爆弾による効率的な打撃、万全の偵察、正確な爆撃効果判定など、高度に成熟した航空軍事技術を必要とする。

科学技術上の優位を前提とする飽和攻撃であり、圧倒的な航空優勢の確保を必須条件とする。
開戦前から勝てるとわかっている状況下で速やかに最大限の戦果を得るための戦術であり、不利・不透明な戦況では実施できない。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS