Last-modified: 2016-07-25 (月) 13:01:45 (278d)

【通常爆弾】(つうじょうばくだん)

General Purpose bomb.
「自由落下式爆弾」「汎用爆弾」「GP爆弾」とも。

特段の誘導装置を持たず、航空機から落下させて下方を攻撃するための爆弾
エビエーターの目測と勘、またはコンピューターによる演算処理で落下地点を予想して投下する。

真下に落ちていくものとイメージされがちだが、実際にはそうではない。
時速数百km以上の速度で飛ぶ飛行機から投下され、慣性や気流の影響を受けるからだ。

終端誘導を行うものは誘導爆弾、汎用性の低いものは特殊爆弾として区別される。

高価でかさばる装置を内蔵せず、特別な発射装置も必要としないため、爆撃機攻撃機による地上への攻撃を最も効率的に行える武装である。
反面、有効射程が狭く半数必中界が広いため誤爆が多発し、地上からの反撃にも弱い。
誤爆を避けたい場合は誘導爆弾敵防空網制圧任務など対空砲火の妨害が予想される場合は対レーダーミサイルに置き換えられる。

関連:低抵抗爆弾 高抵抗爆弾 アイアンハンド


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS