Last-modified: 2017-08-15 (火) 21:45:16 (120d)

【超信地旋回】(ちょうしんちせんかい)

spin turn, neutral turn

車両の動輪のうち、左右どちらか半分を前進方向に、もう片方を後退方向に回転させる機能。
こうする事で車体の中心を軸として、前進も後退もせずにその場で向きを変える事ができる。
右折する場合は右側を後退させ、左側を前進させる。左折の場合はその逆になる。

工事現場や塹壕など地形の入り組んだ場所を移動したり、隊列への編入・離脱を行う際に有用である。
一旦機動を止めて完全に停止する必要がある*1ため、砲撃や伏兵が予想される状況で行うのは望ましくない。

また、大型重機の通行を想定していない場所、特に公道上で行うのは全く望ましくない。

大抵の車両は縦方向に長い構造をしているので、道路上で行えば歩道や反対車線などに乗り上げてしまう。
建物や道路沿いの器物と衝突したり、死角にいた人間を轢き殺す危険性がある。
また、後続車両を蹴り飛ばしたり、旋回中に対向車線の車両と衝突する可能性もある。

駆動部のトランスミッションに複雑な機構を組み込む必要があり、実用化されたのは第二次世界大戦末期。
現代ではほぼ全ての戦闘車両に組み込まれている。
ただし、路面を走る上では全く不要な機能という事もあって、戦闘車両のほかは工事用の重機類でしか採用されていない。

関連:信地旋回? 主力戦車 無限軌道


*1 理論上、駆動面が完全に接地してないと正確に動作しないからである。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS