Last-modified: 2017-08-06 (日) 07:53:25 (78d)

【中間誘導】(ちゅうかんゆうどう)

mid-course guidance.

遠すぎて識別できない目標の推定位置へミサイルを誘導する事。

巡航ミサイル弾道ミサイル有効射程は内蔵センサーの有効識別距離よりも長い。
したがって、発射した時点でのミサイルは目標を捕捉できていない。
このため、プラットフォーム側で何らかの情報を送信し、推定目標位置まで誘導する必要がある。

送信した情報が正しいものであれば、やがてミサイルのセンサーが目標を捕捉する。
この時点で中間誘導は終了し、ミサイル自身の終端誘導機能によって目標に命中する。

主な中間誘導の方式は大まかに分けて以下のようなものがある。

指令誘導
射手データリンク・無線通信を通じて遠隔操作する。
近年では完全な手動操作である事は希で、発射母機火器管制装置が計算を行っている場合が多い。
プログラム誘導
発射前にグリッド座標で目的地を指定し、ミサイル自身が航法計算を行って目標に向かう。
慣性航法GPSを組み合わせて座標を計算する事が多い。
地形照合装置?(TERCOM)やスタートラッカーを用いる場合もある。

関連:ミサイル 初期誘導 終端誘導


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS