Last-modified: 2016-02-16 (火) 21:46:28 (613d)

【着陸料】(ちゃくりくりょう)

航空機着陸する際、航空会社が空港飛行場の管理者に支払う利用料金。
料金体系について国際規格はなく、国や管理会社などが各自で料金を定めている。

着陸料の一例

機体がB747である場合、主要空港の着陸料はおおむね以下の通り。

  • 成田空港:約950万円
  • 関西国際空港:約800万円
  • ヒースロー空港:約150万円
  • ドゴール空港:約400万円
  • インチョン空港:約350万円

一見すると、 日本の空港が暴利を貪っているように見える。
しかし、この着陸料には個々の乗客・荷主に請求される空港施設利用料が計上されていない。
成田空港の空港施設利用料は1件あたり2,040円であるが、ヒースロー空港では2万円弱である。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS