Last-modified: 2016-07-23 (土) 18:31:00 (455d)

【短機関銃】(たんきかんじゅう)

Sub-Machine Gun(サブマシンガン) (SMG).

フルオート射撃の可能な自動火器で、且つ拳銃弾を使用するもの。
拳銃フルオート射撃機能をつけたものから、自動小銃をベースに拳銃弾を撃てるようにしたものまで、形態は様々である。

軍事史においてはイタリアのヴィラール・ペロサが短機関銃の第一号とされる*1
設計思想上はその後ドイツで開発されたMP18を以って、一個の分類に値する一応の完成系が出来上がったものと言われる。

第一次世界大戦塹壕戦に投入され、超軽量の機関銃として重宝された。
しかし有効射程の問題から第二次世界大戦で早くも軍用銃として第一線を退き、自動小銃の登場によって一旦命脈が絶たれた。

冷戦時代には、テロリズムと凶悪犯罪に対応するため警察の重武装化と特殊部隊の創設が相次ぐ。
この情勢下では自動小銃の弱点である「屋内での取り回しの悪さ」「誤射による被害の大きさ」が露呈したため、この問題を解決するCQB用の兵器として、次世代の短機関銃が脚光を浴びる事となる*2

しかし、現在ではテロリストの重武装化によって破壊力の要求が高くなっている。
自動小銃も小型化が進んでおり、現在ではCQBにも自動小銃で対応する事が多くなった。
現在の短機関銃は警察機関用、施設警備用などのPDWとして用いられている。

関連:PDW MP5 PPSh M3? トンプソン ステン UZI?


*1 アイデア自体の起源は定かでない。「機関銃を軽量小型化する目的で設計されたもの」とも、「不時発射で偶発的にフルオートになってしまった半自動式拳銃の挙動を再現したもの」とも言われる。
*2 拳銃弾で高い命中精度を確保するH&K MP5はこの時代を代表する短機関銃の傑作として名高い。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS