Last-modified: 2016-06-11 (土) 21:49:28 (318d)

【第2師団(自衛隊)】(だいにしだん(じえいたい))

概要
創設1962年
所属国日本国
部隊編制単位師団
兵種、任務、特性(重)機械化歩兵
上級部隊北部方面隊
所在地旭川駐屯地(北海道旭川市)

JGSDF 2nd Division.
陸上自衛隊における戦略部隊単位である師団の一つ。

1950年の警察予備隊結成に際して北海道・真駒内駐屯地で編成された「警察予備隊第2管区隊」をルーツとする。
その後の1962年、「師団」制度が発足すると共に「第2管区隊」から現在の名称に改められた。
1995年、隷下部隊の三単位化に伴って第9普通科連隊(旭川)が廃止され*1、第2戦車大隊が連隊に改編されて現在に至る。

司令部は北海道・旭川駐屯地に所在し、3個普通科機械化歩兵)連隊及び1個戦車連隊*2を基幹とする約8,100名の兵員を擁している。

本師団は地政学上、ソ連(ロシア)による日本への着上陸侵攻があらば国土防衛の最前線を支える事になる部隊である。
このため、一線級装備が優先的に配備される精鋭部隊として扱われており、近年では国連平和維持活動などの海外派遣任務にも隷下部隊を派出する事が多い。

それゆえ「陸自の基準杭」「北鎮師団」と称される向きもある。

部隊編制

  • 司令部(旭川駐屯地*3 以下地名)および司令部付部隊
    • 第3普通科連隊(名寄)
    • 第25普通科連隊(遠軽)
    • 第26普通科連隊(留萌)
    • 第2戦車連隊(上富良野)*4
    • 第2特科連隊(旭川)
    • 第2高射特科大隊(旭川)
    • 第2飛行隊(旭川)
    • 第2施設大隊(旭川)
    • 第2後方支援連隊(旭川)
    • 第2通信大隊(旭川)
    • 第2偵察隊(名寄)
    • 第2対舟艇対戦車中隊(上富良野)
    • 第2化学防護隊(旭川)
    • 第2音楽隊(旭川)


*1 当初は遠軽町の第25普通科連隊が対象となっていたが、地元の強い反対と現地出身の政治家からの圧力で同隊が廃止された。
*2 陸自において、戦車部隊が「連隊」編制の師団及び旅団は、本師団を除けば第7師団のみである。
*3 同駐屯地内には800mの滑走路「旭川飛行場」があり、旭川空港の開港前は民間機も発着していた。
*4 1995年3月28日、第2戦車大隊を母体に第316戦車中隊と廃止された第9普通科連隊の人員の一部を吸収して編成。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS